市川の猫君(EOS7s)

  前回の投稿で、水面に映る五重塔を撮った写真を掲載しましたが、この猫君は同じ日にやはりEOS7sで撮影しました。


 なかなか凛々しい感じの猫君。35mmフルサイズのEOS7sだと、APS-CのEOS40D、50D、Kissなどよりも同じ画角を得るのにうんと被写体に寄って撮れるので、背景のボケ方も大きくなる。この写真は絞り開放での撮影ではないがそれでも背景がきれにボケてくれている。これがフルサイズとAPS-Cの違いなのかと思った。
 同時に、APS-CのEOS40DにSigima Macro 50mm F2.8 EX DGを付けて撮った場合と比べると、同じレンズでもEOS7sの方が、より広角になってくれて、本来の50mmの画角はこういうものなのだという実感を得ることができた。
 別の言い方をすると、APS-Cのカメラよりももっと被写体に近づかないと思いっきり寄った状態の写真が撮れない。この写真を撮ったときも、今まで使ってきているEOS40Dよりもかなり猫君に近づかないとこの画角を得られなかったので近づきすぎて猫君が逃げてしまうのではないかとヒヤヒヤした。よって、臆病な動物を撮るときには、撮像素子がAPS-Cやフォーサーズの機種の方がより有利かもしれない。望遠の撮影がより有利になるということもあるだろけど、動物写真家として尊敬している岩合光昭さんが、フォーザーズのオリンパスE-3をお使いになっておられるのもこういったことが理由の一つに
 なっているのかもしれない。

3 COMMENTS

momosenpai

はじめまして^^
ブログ村からやってきました。
凄く凛々しい猫ですね。
私も50mmΣレンズ使っています。
野良猫は50mmでは難しく、望遠以外撮った事がありません。
飼い猫なら撮れますが。(^^ゞ
この前も、駅で一日駅長をしている猫を撮りましたが動き回って大変でした。

ミノカメ

momosenpaiさんへ
お越し下さり有難うございます。
確かに野良君たちは、なかなか近寄ってとることが
できないですよね。
シグマ仲間としてこれからも宜しくお願いします。

マリア

ミノカメさん こんにちは~!
わぁ~~フィルムカメラで撮影ですね。。。
独特の温かみを感じます。。。
ボケ味も素晴らしいですし。。。
このにゃんこ なかなか、風格がありますね!
ランキング 応援して帰ります~♪ヽ(´▽`)/

現在コメントは受け付けておりません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。