Canon EOS7s(ほぼ新品状態) を購入成功

 

 ついに、35mmフルサイズ機を購入しました…..と言ってもデジタルではなくて、フィルム一眼です。


なぜ今フィルム一眼を?

 昨年の3月から私にとって初めての一眼レフとなるEOS40Dを購入してスナップ、風景写真、マクロ撮影などを楽しんでおります。そのうち、APS-Cの撮像素子を搭載しているEOS40Dは、より望遠側の撮影が得意であることを実感してきました。そこで、昨年の秋、これまでに購入してきたEFレンズを有効利用するためにも、私にとってのフルサイズ機購入の筆頭候補は、EOS5Dとなりました。EOS5DMarkIIも新たに発売されて、中古のEOS5Dなら安く手に入るかもとも思いましたが、さすがにプロの皆さんの間でも評価が高かったEOS5Dは、中古でもかなりのお値段。レンズの種類をもっと増やしたい私としては、現時点では、あまりカメラ本体にはお金をかけたくないという思いも。でも、広角側での撮影をより楽しみたいと思う私としては、できるだけ早期にフルサイズ機を購入し、同じEFレンズを装着してもより望遠側はEOS40Dで、より広角側はフルサイズ機を使えるようになりたいなぁと考えておりました。
 そこで、目がいったのがEOSシリーズのフィルム一眼です。現行唯一キャノンが販売しているフィルム一眼はEOS-1V。しかしEOS-1Vのなんとお高いことか。と同時に、フィルム一眼初心者の私が買うには、もてあますほどの高性能と判断。そこで、EOSのフィルム一眼に関する昔の雑誌を古本屋で読んだり、中古ショップをまわって調べてみると、EOS-7sならば、安くて程度のよい中古品が見つかってくれるのではないかという結論に達しました。その理由は;

*販売終了したEOSのフィルム一眼としては一番最近のモデルである
*富士カメラさんがネットで新古品を販売している: 62,475円(’09年1月18日現在)

 昨年の11月後半くらいからEOS7sの中古品のチェックをしに、週末や出張の帰りに都内の中古ショップを回遊して値段をチェック。傷があるけど機能は万全というレベルで1.5~2万円台のものもありました。


プリントはどうする?


しかし、フィルム一眼購入にあたって、課題がありました。毎回フィルムを現像して、プリントをお願いしていたら、これはかなりの出費になってしまいます。この点を考え、当面フィルム一眼の購入も、先のお話になると思っていたところ、昨年末(骨折した悪夢がぁ~......)に大掃除をしていた時に、自宅で以前使っていて、最近全然使っていないフラットベッド式のスキャナーの取扱説明書をパラパラとめくっていたら、フィルム・スキャンのページに行きあたりました。 このスキャナーを買った当時は、まだあまり一眼レフに興味があるときではなかったので、気にもしていなかったのでしょう。カメラのフィルムをスキャンできるとは全く認識していませんでした。スキャナーを購入したときの備品を改めて確認すると、幸いにも、フィルムをスキャンするための付属部品がちゃんと残っていました。説明を読むと、このスキャナーで、カラーネガフィルム、カラーリバーサルフィルム、モノクロフィルムのいずれもスキャンできることが判明。フィルムを直接スキャンできれば、わざわざ一旦印画紙にプリントしてからスキャンするまでもなく、ミノカメ写真日記やミノカメ写真館で公開する場合は、より低コストで一連の作業を実施できると判断。JPEGファイル化できれば、手持ちのPIXUS Pro9000でも印刷が可能となります。問題は、古いスキャナーなので、ネット上に公開できるだけの解像度を確保できるかどうかというお話になるわけですが、日本カメラ社刊行のモノクロ写真をスキャナーで読み取る際の解説書を読むと、
「A3ノビ程度なら35mmで3200dpiで十分」
との説明があった。幸いにして、うちのスキャナーは、このレベルに十分に達しており、なんとかなりそうと判断しました。
 カラーフィルムについては、まだスキャンに関する情報を手にしていないのですが、ブログやサイトに掲載するレベルならいけると勝手に判断しました。実際にやってみて満足できない場合は、最新のスキャナーの中古などを別途探してみようと思います。というわけで、フィルムの現像は当面カメラ屋さんやラボに依頼するとして、ブログやサイトへの画像掲載やプリントは自宅で出来ると判断し、いよいよEOS7sの購入を決意しました。

矢倉カメラさんに感謝

 さて、いざ買おうと都内の中古屋さんを改めて巡ってみると、タイミングが悪いのか、いま一つ購入を決心させてくれる品物がなく…..。そんなとき、取引先として、以前勤めていた会社の時代を含めて10年以上お付き合いのある大阪は梅田のお客さんが大阪の中古カメラ屋さんを紹介してくれるという。今東京の中古屋さんにいい状態の品物がなくても、大阪も結構中古のフィルム一眼の品数はまだ多いから、いい状態のEOS7sがあるかもしれないというわけだ。このお客さんも写真好きで一緒にお酒を飲むと、よくカメラや写真の話になります。私がフィルム一眼を探していることは、昨年からすでにご存知でした。
数件紹介してもらったカメラ屋さんを、先週金曜日の大阪での出張仕事の後、数件回って、一番最後に訪れたのが、矢倉カメラさんでした。家に帰っていつも購読しているアサヒカメラを見たら、毎号一番後ろの方のページに広告を出していることが分かりました。このお店に眠っていたのが、以下の写真にあるEOS7sです。

 

EOS7sついに購入

 

 


 EOS7sの在庫はないかと聞いたら、奥の倉庫からこれが出てきました。ご覧の通り、元箱もついてメーカー保証書も完全未記入状態で、かたちの上では新品状態。カメラそのものも傷らしい傷は全くなく、完全な新品に近い状態でした。この写真に写っているストラップは、EOS40Dを購入したときに付いていたもので、かなり使いこんでいますが、EOS7s購入時についていたストラップは、きれいに折りたたまれたままで、メーカーから出荷されたときの状態が保たれており使った形跡なし。値札には、3万7千円とありました。さすがにここまで新品状態だと2万円台にはならない。しかしここは大阪。値札通りに買うアホはいまいと思い、佐藤蛾次郎になんとなく似た雰囲気があるおじさんに、ダメモトで
「わざわざ千葉からきたんだし....、マケて」
と頼むと、しばらくパソコンの画面と睨めっこした後、3万2千円にしてくれた。
 マケてくれたからというわけではなく、私はすっかり矢倉カメラさんが気に入ってしまった。本来は小売りではなく、卸中心のご商売のよう。小売を前提としているわけではないので、中に入いると、失礼ながらちょっと雑然とした感じ。でも、限られたスペースに置かれている品数がものスゴイ!!圧倒された。卸であるからこそ流通している製品の本音が聞けるという気もした。
お店の人たちは非常に気さく。カメラのことを聞けばなんでも相談にのってくれそうな感じ。
 なんだか無造作に箱の中に放り込まれた状態のカメラやカメラ機材もたくさんあった。まだまだ他にも隠れた掘り出し物があるかもしれない。大阪に出張で来るたび、仕事の後で時間が許すのであれば、毎回できる限り矢倉カメラさんには寄りたいと思う。


所感

 EOS7sを実際に手にして最初に思ったのは、EOS40Dよりも小さい。そして軽い!
これからは、EOS40DとEOS7sを両方撮影地に持って行って、デジタル画像とフィルム画像の撮り比べなんかもやってみたいので、この軽さはうれしい。
 いままでEOS40Dを使い、APS-Cに合わせたファインダーに慣れている私の目には、EOS-7sのファインダーを覗いた時の見やすさと開放感には改めて嬉しくなった。
 そして、EOS7sで是非試してみたいと思っているのが、視線入力によるAF。視線入力方式は、’92年に発売されたEOS5で初めて採用されたキャノン独自のAF方式。撮影者の瞳が見つめたファインダー内のフォーカスポイントに自動でピントが合うという機能。当時としては非常に画期的な試みであっただろうし、現行のデジタルEOSシリーズにはない機能だ。
 私が特に期待しているのは、動きのあるネコや流し撮りで鳥を撮影するときなど。必要に応じて、目の動きだけでピントを合わせるAF測距ポイントを変えられるのであれば、EOS40Dよりも、シャッターチャンスをより的確に捉えられるのではないかと期待する。まぁ、古本屋で読んだ昔のフィルム一眼の評価に関する雑誌などの記事を読むと、このシステムはやはり100%うまくいくわけではなさそうで、メガネをかけている時やコンタクトレンズをしている時などには、その精度に限界がありそうだ。まぁ、この機能がかりにあまり使えないという場合でも、EOS7sを購入した意味は、私にとっては非常に大きい。私にとっては、初のフィルム一眼レフ。まずは、現行手に入る色々なタイプの各フィルムの画質がどのように違ってくるのか撮り比べて大いに楽しみたい。EOS40Dも、これまで同様に使い続ける。同じ風景をデジタルとフィルムで撮り比べたときにどのような差が出てくるのか、非常に楽しみである。
 EOS7sを購入して実際に手にとってみた限りでは、現行のEOS40D、50D、EOS Kiss デジタル等と比べると操作系において、現行のデジタル機種よりも優れているのではないかと思わせる部分が既ににあります。このあたりはまた改めてレポートします。


更なる野望

 今年一年は、色々なフィルムの画像の違いを実際に撮って楽しんでみたいです。基本的に週末以外あまり時間がないし、まだまだフィルムカメラの基礎の基礎段階にあるので、実際にトライするのは来年以降になると思いますが、自宅暗室にもいつか挑戦してみようと思います。

8 COMMENTS

むろんた

こんばんは。
EOS7sのご購入おめでとうございます。
そしてこちらにも長文のコメントありがとうございました。
嬉しさがひしひしと伝わりますね。
今後を期待します。
せっかくの佳き日に自分のことで恐縮ですが、私はカラーネガを直接見ます。
長年のカンで露出に構図、そしでピントはルーペで確認します。
そして気にったのだけスキャンします(してもらいます)
まったくアドバイスになりませんが・・。

ミノカメ

むろんたさんへ
コメント有難うございました。
当面、スキャナーでスキャンしてブログに掲載したり
PIXUSで印刷したりという工程を考えています。
自分で、引き伸ばし作業までやるところまでには
現在はまだ考えていませんが、やはりおっしゃる通り
自分の目で現像して上がってきたネガやポジを見たいと
考えております。
私の自宅のスキャナーは旧式で読み取り速度が遅い
こともあり、自分の目で直接たしかめて、必要な
フィルムだけスキャナーにかけたいと思っております。
以前、藤井智弘さんが、日本カメラだったと思うので
すが、ヨドカメの新宿店に現像機材を購入している様子を
伝える記事がのっていて、そこへ行けば現像機材が
あるだろうと思って、昨日中古カメラ店に行った帰り
に寄ってみました。
予想通り、現像機材売り場は、化学の実験室のよう。
そのとき、ライトボックスとルーペの売り場も見ました。
さすがはヨドカメ。ライトボックスもルーペも種類が
豊富。特にライトボックスは、各メーカーごとに微妙に
色温度が違ったので、実際に自分で撮った写真のネガと
ポジを近々持って行って、一番自分が納得がいく
製品を買おうと思います。
ヨドカメに置いてあるライドボックスとルーペのお試し品
で確かめた後は、ヨドカメさんには申し訳ないですが
新品を買わずに、気に入ったライトボックスとルーペの
中古品をまずは探してみようと思います。それでも
なかったらヨドカメさんで新品を購入するつもりです。
初心者ですからライトボックスもルーペもそれほど
の高級品でなくてもよいのですが、それでも新品で
飼うと

尚継

こんばんは。
EOS7sのご購入されたんですね。
おめでとうございます。
僕は個人的にフィルムで撮った写真のほうが好きです。
これから写真を撮る楽しみがまた増えましたね~。
そうそう、フラッドヘッドスキャナ僕も使ってるんですけど
きちんと埃飛ばしてからスキャンしないと画像に写りこむので
結構ストレス感じます(´ヘ`;)
ゴミ除去機能もあるんですが、それ使うとスキャンするのに
かなりの時間かかるし……。
フィルム専用のスキャナがほしい!!!

ミノカメ

尚継さんへ
コメント、ありがとうございます。
フィルム専用スキャナというのがあるのですか。
でも、おそらくフラットベッドスキャナに
比べると、市場規模は小さくなるでしょうから
開発費を回収することを考えるとメーカーとして
はもっと高く売りたいでしょね。
なるほど、スキャナのメーカー各社が
フラットベッドスキャナのゴミ撮り機能の優秀性を
アピールしているのはそういうことですか。
私の場合は、まず埃っぽいパソコンルームの掃除を
しなくては。

ゲキ

銀塩カメラ購入おめでとうございます。
フィルムのプリントに関してですが、私はカラーネガは同プリ、モノクロとリバーサルは現のみでフィルムスキャン後気に入ったものだけプリントと分けています。
カラーネガだけは同プリなのは、現のみとの価格がほとんど変わらないのと色見本の参考にするためです。  

ミノカメ

ゲキさんへ
これから、フィルム一眼のことをいろいろ勉強しようと思っている
私にとっては貴重なコメントです。参考になります。
まだ、どのようにプリントを使い分けたらよいのか
分かりませんが、とりあえず撮影してみて現像はラボへ。
そのプリントについては最初はお願いして、おっしゃられる
ようにそれらを参考に自分でスキャンしてプリントする
工程にも挑戦してみようと思います。

匿名

初めまして、こんばんわ
今自分も40Dを使用しておりましたが
5Dがほしいですが、さすがに40Dを買うのにとてもキツかったので諦めましたが
まさに今自分がほしいと思ってるEOS7sを購入されましたね^^;
同じような方がいたのには驚きました@@;

ミノカメ

どなたか分かりませんが、コメント有難うございます。
EOS7s、扱いやすいよいカメラですよ。
中古でも、かなり割安で程度のよいのが結構あります。

現在コメントは受け付けておりません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。