LEICA

アナログとデジタルで楽しむライカ

 2022年、Leica Store Kyotoで注文したAPO-Summicron-M 35mm f/2 ASPHが、今年の2月か3月には届くかなぁ....。そして気になるニュース。アメリカのカメラとカメラ機材の大手量販店であるB&Hのサイトで、Leica M10 MonochromがDiscontinueとなった。私にとって人生初となるデジタルLeicaはM11 Monochromにしたいと思っているが、いよいよそのリリースが近づいてきた….と思いたい。

私のLeicaMy Leica 

カメラ

Leica M3

 Leica M3を2011年からずっと使い続けています。まだ、千葉県の船橋市に住んでいた頃、銀座のカツミ堂さんで購入。現在の日本には、銀座や京都をはじめライカショップが沢山ありますが、第二次大戦が終わって以降、初めて銀座にライカの直営店が出来るまでの間は、カツミ堂さんが日本におけるソールエージェントだったのではないかと思います。M3を購入した当時、私は仕事柄日本全国に出張に出掛けることが多くて、仕事が終わると行く先々で中古カメラ店を見て回っていました。色々とみて比較した結果、カツミ堂さんには他店よりも状態のよいLeicaが非常に多いように思えて、こちらで最終的にM3を購入することに決めました。

Traveler's Factory と Photolab hibiさんのコラボ製品とLeica M3
Leica M3とPhotohibi + Traveler’s Noteのコラボ企画品

Digital Leica

 まだ持っていません。カラーも撮れる機種にするか、カラーフィルターがなくLeicaだけが販売しているモノクロ専用機種にするか、この数年ずっと考えていましたが、最初の一台目はM11 Monochromにしたいと思うようになってきました。既にオーダーして来年には手元にくるだろう(?)と思っているAPO-Summicron-M 35mm f/2 ASPHが届く頃には、M11 Monochromをオーダーしたいと思っておりますが、さてどうなるか。最近M10 MonochromがDiscontinueとなったので、実際オーダー出来るのではないかと、勝手に個人的にドキドキワクワク期待が高まってきています。

レンズ

Summilux 50mm f1.4 (2nd ver.)

 スキヤカメラさんで購入。私にとっては人生初のライカレンズでしたし今も愛用しています。球面レンズなので、特に絞り解放付近では、ブラックミストフィルターをかけたように点光源が独特の滲み方になる。

Leitz Summilux 50mm f1.4 第2世代
人生初のライカレンズ Summilux 50mm の第2世代

Summilux 35mm f1.4 (球面)

 Leicaのカナダ製で、球面レンズとしては比較的新しい方かもしれない(セリアルNo..3537995)。こちらのレンズは、あるプロの写真の方の私物だったものを比較的お安くして頂いて購入。

Summilux 35mm f1.4

Leicaの記事Articles related into Leica