霧に浮かぶ島(鹿児島-霧島)

前回の投稿でお伝えした通り、F16-35mm F2.8LII USMのモニターに当選し、このレンズと合わせて、撮影機材をリュックに入れて、先週末鹿児島へ。モニターに当選したから鹿児島への旅行を決意したわけではなく、もともとカミさんと計画していた旅行でありました。GW中は二人で遠出する機会もなく、6月ならば旅行のシーズンというわけではないだろうし、人出も多くないかと思ったわけです。そんで、タイミングよくモニターに当選したものですからかなり運がよかったと言えます。昨年、EF50mm F2.8L USMのモニター募集に当選したときも、丁度台湾旅行に行く直前にレンズが届いて旅先で存分に使うことができました。今回はこの広角のモニターレンズをEOS7sと組み合わせて撮ることが多かったのですが、まだフィルムを現像に出していないので現像が上がってくる前に、EOS40Dと別のレンズでで撮った写真をアップします。

霧に浮かぶ霧島連山

 初日は、鹿児島市内や桜島を散策。翌日は霧島へ。この写真は、千葉に戻る日の朝、霧島のホテルのバルコニーから撮影。早く眼が
 覚めて、窓の外を見ると、一面霧に覆われていました。その霧の向こうに、まるで霧の上に浮かぶ島のように見える山が見えました。
 文字通り”霧島”の世界。ホワイトバランスを敢えて白熱球に設定して、早朝の雰囲気を強調してみました。

2 COMMENTS

カメラカメラ

こんばんは。
とても幻想的なお写真ですね。
日本ではなく、中国の山間部とかそんな雰囲気を醸し出していますね
F16-35mm F2.8LII USMで撮ったお写真も楽しみにしています♪

返信する
ミノカメ

コメント有難うございました。
 なるほど、確かに中国仙境の山水画のような風景に通じるものがあるかもしれないですね。
 このところ天気があまりよくないし、最近仕事もかなり忙しいので、せっかくの
 モニターレンズもあまり頻繁に使えずじまいです。もうすぐ返却なので、なんとか
 この週末に、お散歩スナップできればと思っております。

返信する

Comment

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。