海の向こうのニコン好き

 

 この一週間は、海外から出張で日本にやってきた同僚(ドイツ人)とともに日本のお客さんを訪問して回った。彼とはあまり趣味の話などしたこともなかったが、一週間ずっと一緒にいれば、食事のときなどに仕事以外の話にも当然なる。そんなとき彼が、帰国する前にカメラを買いたいと切り出した。ドイツ人の彼ではあるが、現在は中国に赴任している。中国は来週全国的にお休みとのこと。今回の日本の出張が終わったら、一旦中国(北京)のマンションに戻って、来週帰国して家族とノンビリ過ごすらしい。大切な家族と過ごす時間を写真におさめたいとのこと。どんなカメラがほしいのかと色々と聞いてみると、デジタル一眼レフのことを随分事前に下調べしていたようで、ものすごくニコンに拘っていた。彼は典型的なエンジニアでしかも頑固なゲルマン魂の持ち主。ニコンのレンズに相当ご執心。ニコンのレンズが世界No.1ともいえる実力を持っていることは認める。キャノンファンの私ではあるが、ニコンのカメラに対して敵対心を持つようなことはない。というより、ニコンのカメラを使っていないので意見のいいようがないのである。
 しかし、彼はAPS-C,35mmフルサイズ、フォーサーズなど撮像素子の種類のことは知らなかった。レンズにもフルサイズ対応とAPS-C専用など種類があることを教えてあげた。シグマやトキナー、タムロンなどサードパーティーのレンズにも素晴らしい実力をもっているレンズがあることを教えてあげた。出張先での仕事の後、日本のカメラ雑誌に出ているアマチュア写真家の皆さんの入選作も見せてあげた。
 非常に感謝された。日本の写真文化とカメラ文化の多様さに、彼は本当に驚いていた。と同時に、ニコンでもキャノンでもオリンパスでもライカでも、心がこもった作品、主張してくる作品、魂が存在する作品というものは、そのカメラを操る撮影者のハートが捉えて作り上げるものだということで意見が一致した。
 いままで同じ会社の中で、本当に写真が好きという人には出会ったことがない。ビデオカメラで子供の成長記録などをとっている人の方が圧倒的に多い。海の向こうとはいえ、一眼レフのファンが同じ社内にいたことには本当に嬉しくなった。
 そして、最終日の昨日。最後のお客さんの訪問が終わった後に、閉店間際のヨドバシカメラのアキバ館に寄った。彼が最終的に選んだカメラとレンズは;
  カメラ: ニコン90D
  レンズ: AF-S DX VR ズームニッコールED18~200mm F3,5~5.6G(IF)
 でありました。
 初めて手にするデジイチの本体とレンズとしてはよい選択だと思う。
 また日本に来る機会があったら、2本目のレンズはシグマの広角レンズにするかもしれないと言っていた。
 彼から、私がキャノンのEOSで撮った写真を送って欲しいと言われた。お安いご用だ。去年京都やスイスで撮った写真をいくつかピックアップしてプリントして送ってやろうと思う。フィルムカメラの写真も最初のフィルムが仕上がったら、プリントして送ってあげようと思う。向こうも、買ったばかりのニコンで撮った写真をドイツから送るから批評してくれという。
 私もまだ初心者なので、批評というよりもお互いに意見を述べ合おうということになった。
 次回は、恐らく今年後半か来年になるだろうが、また会うのが楽しみになってきた。

7 COMMENTS

尚継

こんばんは。
僕は最初に買ったカメラがたまたまCANONだっただけで
メーカーに対するこだわりないかもしれません。
というより、こだわり持つほど腕も知識もないってことかな(;´д`)ゞ ハァ
勤務地はまったく違うけれど
同僚と同じ趣味を持てるのはうれしいですよね。
僕の会社はカメラ(写真)好きがいないので
ちょっと淋しい感じがします。
写真の意見交換できるって素敵ですね。
これからさらに写真を撮る楽しみになりそうですね♪

ねこ♪

写真を通じての国際交流ですね。
日本では自分が撮った写真をblogでupして他の写真サイトをやってる皆さんと交流することがよくありますが、ドイツではそういう楽しみ方ってなさらないのでしょうか?
作品を見せ合って、あれこれ写真談義に花が咲く、楽しいひとときだと思います。

yu-mi

こんばんは。
僕もキヤノンが好きですが、ニコンも良いカメラが多いですよね。両者が争ってより良いものが出てくれれば何よりです。
それにしても羨ましいです。海外の方と写真で交流できるなんて…。文化によって美しいと感じる基準にも違いがあると思うので、ドイツの方がどんな写真を撮られるのか楽しみですね^^

yu-mi

連投すみません…。
ついに購入されたんですね、EF24-70mmF2.8L。
おめでとうございます!!
本当にいいレンズなので、お互いたくさん使っちゃいましょうね^^

ミノカメ

尚継さんへ
 コメント、有難うござます。
 私の写真に関して交流しているのは、このブログにコメントを下さって
 いる方々のみ。もちろん、ブログ上で交流するのもとても楽しいですし
 頂けるコメントはいつも大変感謝していますし、参考にしています。
 実際に会う、もしくはライブトークで写真の話ができる相手は今の
 ところ、このドイツ人の同僚のみです。これから先、長い間写真を趣味
 として続けていれば、だんだんとリアルタイムで話ができる相手も
 増えていくと期待しています。

ミノカメ

ねこ♪さんへ
コメント有難うございます。
アメリカとはまた事情が異なるかもしれないですが
ヨーロッパに住んでいる会社の同僚からよく言われる
のは、日本人はなぜこんなにブログにハマっているのか
という質問。
彼等からすると、
「こんなことは、話たい相手同士で実際に会って話を
すれば
 いいじゃないか」
 という感じらしいです。特に彼等に日記ブログが日本の
場合は多いようだと説明すると
 非常に不思議そうな顔をする同僚がいます。
 彼等曰く、日記ブログも欧州にあるにはあるが、ブログとはもっと
 主張したいことを伝える場として使うのが普通なのではないかとのこと。
 ニコン党のドイツ人の同僚も、ブログに写真を載せるよりも実際に
 プリントして家族と写真を見ながら話をしたり、友達に会うときに
 見せながら旅先の思い出話とかしたいと言っていました。ただ、彼の
 場合は相当フォトコンに興味があるようでしたから、ヨーロッパか
 赴任先の北京でフォトコンに挑戦するつもりなのではないかと思って
 おります。

ミノカメ

yu-miさんへ
コメント有難うございます。
どんなレンズを使ってもどんなカメラをつかって
いても本当にいい写真とは作者の気持ちがつくり
上げるものだというのはわかっているのですが
私は、EOS40Dを購入したことからずっと
この大口径の標準ズームに憧れていました。
見た目はかなり痛んで、超格安品でしたが、
幸いにしてレンズは非常にきれいだったので
購入を決意。買った甲斐は十分にあったと
思います。
スナップで、風景写真で、旅先で、これから先
末長く使い込んでいきたいです。

現在コメントは受け付けておりません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。