オオサカ・フィルムフォトウォーク2018でソラリス賞を頂いた

オオサカ・フィルムフォトウォーク2018の「おおらかな賞」で、ソラリス賞を頂いた。素直に嬉しい。
我が家のグレピを、一枚はCanon EOS1V + Sigma50mm f1.4 EX DG HSM + Neopan Acros 100で、もう一枚はLeica M3 + Summilux 50mm f1.4(第2世代) + Kodak T-MAX400で撮り、それぞれフィルムを自家現像して、いずれもFocomat 1C で、自宅でバライタ紙に焼いた。
僕が自宅で使っているFocomat 1Cは、大きく引き伸ばすことに長年拘っておられた大阪のある親父さんが急逝され、ご遺族のご好意で、私が受け継いだもの。関西で最初に参加する写真展では、必ずこの引伸機で焼いた写真を出品しようと決めていた。
いつも一人で暗室作業をしていた僕にとっては、関西の皆さんから非常に暖かい賞を頂いて、ちょっとこちらの人たちに受け入れて頂けたかなという思いでもあります。
縁あって京都に引っ越してきた。もう一生今の家に住み続けるだろうと思う。人生の後半は西日本で一杯いっぱい写真とって少しずつこちらの皆さんとフィルムやカメラ・写真の楽しさを分かちあえたらと思っています。

 

2018 ソラリス賞

Lietz Focomat 1C - 受け継ぐということ
Summilux 50mm F1.4 (第2世代)ー ファースト・ショット

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA