Leica Mシリーズ用のラバーアイカップ

  Leica M3を購入したのは、2011年の11月。銀座のカツミ堂さんで購入したその日に新宿のマップカメラに直行して購入したのが、マップカメラさんオリジナルのライカMシリーズ用のラバーアイカップ。

 眼鏡をかけて撮影する私にとっては、もはや必需品。眼鏡のレンズ表面が傷付き難いし、眼鏡をした状態でファインダーに密着出来るので、ファイダー越しの視認性がよい。

 8年使ってきて、ゴムの緊迫力が失われてきて緩んでしまったのか、M3から外れてしまい撮影中に何処かで失くしてしまった。今回は、予備含めて二つ購入。

 マップカメラさんのラバーアイカップをファインダーに取り付けるには、まず先に、専用のリング(別売)をファインダーに取り付ける必要があります。今回外れて失くしてしまったのはラバーアイカップだけで、専用リングは2011年の購入時に取り付けたものが幸いに残っていたので再購入は必要なかったです。初めてラバーアイカップを使う人は、専用リングを別途購入して下さい。専用リングは、ライカMシリーズのファイダー部にねじ込んで固定します。

 専用リングを上の写真のようにねじ込んで取り付けたら、あとはラバーアイカップをリングの上から被せるように取り付けます。

 ちょっとしたアクセサリーだけど、私には必需品。私のライカM3は1966年製。こんな古いカメラにも使えるアクセサリーを今でも新品で用意してくれるマップカメラさんに感謝!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA