フォトイメージングエキスポ (PIE2008) ーその3

Canonブース PIE2008の会場には、もちろんCanonさんのブースもありました。私が訪れたときには、ちょうど最新モデルのEOS Kiss X2のプレゼンの真っ最中で、大勢の人達がステージに向かってシャッターを切っておりました。
私は、そのプレゼン会場から少しはなれた場所にあったキャノン・フォトサークルの会員専用コーナーに行きました。
事前に、Canonからのメールの案内で、この会員専用コーナーでインクジェットプリンタPIXUS Pro9500/Pro9000の比較体験ができることを知らされていたからです。
受け付けで、会員証を見せて、ブースの中で待つこと数分。インストラクターの方が、持参したJPEG画像を印刷してくれました。
いま私が自宅で使っているプリンターは、かなり旧式。せっかくEOS40Dで撮影しても、その解像度を再現できるレベルにはないです。
今回、印刷したJPEG画像は、3月20日にこのブログに投稿した谷津干潟の画像です。添付ファイルに、印刷したものをEOS40Dで撮影した画像があります。上がPIXUS Pro9000、下がPIXUS Pro9500印刷したものです。
PIXUS Pro 試し刷り 私のパソコン画面は、hueyという自動モニター適正化ツールで調整しております。今回印刷したものはPIXUS Pro9500/Pro9000共にパソコン画面で見た感じとほぼ同一で、両方とも、印刷画面の鮮明さは、自宅のプリンターとは雲泥の差でありました。この投稿に添付している画像では差が分かりにくいですが、PIXUS Pro9500で印刷した方が、若干赤味が強いように感じました。インストラクターの方の解説によれば、PIXUS Pro9500のインクは顔料インクでPIXUS Pro9000は染料インクだそうです。この差は、プリンターのソフトウェアーで補正が十分できるとのことでした。
また、インストラクターの方が、鮮やかな青い空を写し込んだスイスの写真を見せてくれたのですが、同じ条件で印刷した場合、PIXUS Pro9500の方が深みのある味のある青という感じがしました。まぁ、このあたりは、インクの差による個人的な好みの問題もあると思いました。
PIXUS Pro9500もPIXUSPro9000も、お値段は決して安いものではないので、これからカミさんと長い購入交渉が始まることとなりそうです。
TAMURONブースでトークショーをされていた広田泉さんも言われてましたが、やはりせっかく撮った写真ですから、大きな紙面に印刷した状態で額に入れて飾ったりしてみたいですよね。特に、EOS40Dのような解像度の高いカメラを持っていれば尚更です。

4 COMMENTS

ねこ♪

ミノカメさん こんにちは♪
例の美しい画像を印刷なさったのですね~。
最近のプリンターはインクの発色がとても良くて、プロにお願いしたのとそん色ない仕上がりが期待できると思います。
たしかに、性能のいいものはお値段も高いのですが、作品を家で気軽にプリントして楽しめるのは魅力!
良い機種を購入できるといいですね。

ミノカメ

ねこsanへ
いつもコメント、ありがとうございます。
そうですよねぇ、上を見たらキリがないというのは
分かっているのですが、Pixus Pro 9000
と9500で印刷した画像の鮮明度は、本当にすごいです。
やはりインクカートリッジを10本も使うだけのことは
あります。とくに、9500の場合、グレーインクをも
使っているそうなので、白黒印刷のときの階調表現能力が
他のPixusモデルとは一線を画するようです。

やんやん

ミノカメさん こんばんは。
コメントありがとうございました。
↓の記事からのPIEのレポートを拝見させていただきました。
丁寧に書かれていてとても参考になりました。
私はブースをいろいろ回っていたので、
なかなかお話を聞くチャンスがなかったので、
もっと落ち着いてお話を聞けばよかったと思っています。
Canonのブースではこんなイベントが行われていたんですね。
プリンターが違うとこんなに違うなんてびっくりです。
やはり撮った写真はプリントして見たいですよね。
いいプリンターが手に入るといいですね。

ミノカメ

やんやんsanへ
早速のお返事コメント、有難うございます。
EOS40Dの購入に至るまでには、
我が家の金庫番との長い交渉の日々がありました。
レンズも、広角や望遠が欲しいし、プリンターも
EOS40Dの性能に見合ったものが欲しいです。
上を見たらきりがないですが、いずれにしても
再び金庫番と長い交渉の日々へと突入することに
なりそうです。

現在コメントは受け付けておりません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。