アサヒカメラコンテスト初入選

 昨年の11月以来、毎月欠かさず応募しているアサヒカメラの月例コンテスト。ファーストステップ部門の7月10日締め切り分にて、初入選となりました。入選者には、往復はがきの通知が届くと聞いていましたが、通知が届いたのは7月下旬であったかと。誌上で入選者が発表されるのは応募した月の2カ月後の号。私の場合だと2日前に発売になった9月号に入選者欄に自分の名前が掲載されたのを確認できたわけですが、入選通知がこんなにも早く届くのだということを今回の入選で初めて知った次第。入選作が実際に掲載されるのは、10月号です。10月号掲載分のファーストステップ部門で、住所が船橋市になっているのは私だけですから、それで判別できます。このブログには掲載していない作品なのでもしよかったら見てやって下さい。


 入選作品に使った機材は、カメラ本体がEOS40DでレンズはEF70-300mm f/4.5-5.6 DO IS USMでした。40Dはすでに50Dが発売されて最新機種ではなくなったし、DOレンズも中古で購入したレンズであります。特に、DOレンズで撮った作品が入選したことが、とても嬉しいです。カメラ雑誌などでのDOレンズの評価では、Lレンズ群と比べて高い評価がされているのを見たことないです。

 実際にこのレンズを使い始めたのは、昨年の6月。使ってみて段々分かってくるのが、逆光の中での撮影がかなり難しいレンズだということ。逆光のときには自分なりに色々工夫して試行錯誤しながらこのレンズを使った場合の撮り方を研究していた時期もありました(今も継続)。

 では、なぜそんなにややこしいレンズを使い続けるのかと言われれば、それはこのレンズにとってよい撮影条件が揃ったときの画質の良さです。このときの色合いが個人的にとても好きです。それだけに、このレンズで撮った作品が入選したのは嬉しいです。実際に、入選した作品は逆光気味の中で撮っているので、研究の成果が出たのかもしれないです。

 今後も、他の手持ちのレンズと合わせて、このお気に入りのDOレンズは使い続けたいです。重量は結構あるのですが、Lレンズの望遠レンズと比べると圧倒的にコンパクトサイズなので、スナップ撮影にも最適。というわけで、入選作品を生み出してくれたことに感謝の気持ちを込めて、先日都電荒川線沿線で撮った写真の中から、8月18日の投稿に引き続き、もう一枚お届けします;

都電荒川線
Camera: Canon EOS40D
Lens: EF70-300mm f/4.5-5.6 DO IS USM
300mm, f/8.0, 1/180sec, ISO200, AI SERVO AF
with
Beans bag

14 COMMENTS

ねこ♪

入選おめでとうございます!
たゆまぬ努力と研究の成果を認められて、嬉しさもひとしおでしょう。
よかったですね~~~~~~~。
店頭で見てみます!

尚継

こんばんは。
入選おめでとうございます。
レンズによって癖がありますもんね。
やっぱり考えながら撮らないと
良い写真はなかなか撮れないか~
僕なんて何も考えずに撮ってるから
ボツ写真大量生産です(;´д`)ゞ

ミノカメ

ねこ♪さんへ
いつもコメント有難うございます。
是非ご覧いただければと思います。
今回の入選はもちろん嬉しいです。
海中の写真で非常に有名で、このフォトコンテストの
カラースライド部門の審査を担当されている写真家の
中村征夫先生は、ご自身のブログで、アサヒカメラコ
ンテストが日本最高峰レベルのフォトコンテストだと
述べられております。
ファーストステップ部門も非常にレベルが高いです。
特に、同じ千葉県内の柏南高校写真部の皆さんは、毎月の
ように部員のどなたかが入選されていて、瑞々しく、時に
は心象的に、またあるときには高校生らしい元気いっぱいの
素晴らしい写真が次々に入選していて、その素晴らしい
感性と研究成果に圧倒されています。柏南高校写真部の
皆さんには是非年間最優秀賞をとってもらいたいと思って
おります。
日本最高峰と言われているフォトコンテストで入選できた
ことは嬉しいですが、DOレンズの撮影研究を行ったのは
フォトコンに入賞したいからではなくて、ただ単純に
写真好きのオヤジが、もっと心をうつような、感動を
呼び起すような、そんな写真を撮りたいと思ったからです。
この点では、ねこ♪さんも、共通の思いがおありかと思い
ます。
まだまだ人に感動を与えることができるレベルにはほど遠い
です。カミさんにも、一回くらいフォトコンに入選したから
といって、いい気になってまた撮影機材を買い込むのだけは
やめてヨ、と釘を刺されております(笑)。
フォトコンへの応募は、とても励みにもなるので、とりあえ
ず、ここ数年間は、ずっとファーストステップ部門への応募を
続けたいと思います。

ミノカメ

尚継さんへ
ご無沙汰しておりました。
尚継さんのブログ、最近コメント欄がなくなって
しまったのでちょっと寂しいです。
その分、こっちに書いてもらえれば有難いです。
私も、ボツだらけです。
カミさんからは、インク代と写真紙代が無駄
だといつも言われています。
今年7月号のワンステップアップの掲載作品にしろ
10月号の入選作品にしろ、いずれも今月の
応募作では、これが一番印象的かなと思った
作品は採用されず、予想外の作品が選ばれる
ので不思議な感じもしています。
私は仕事の都合上、写真教室に通えるような
状態ではないので、とにかく実際に写真を撮る
ことが最大の勉強だと思っております。
きょうも、これから撮影を楽しんでこようと
思います。

カメラカメラ

こんにちは。
お久しぶりです。
入選おめでとうございますヽ(´▽`)/
私も店頭で作品をぜひ見させていただこうかなと思います♪
私はフォトコンとか応募したことはまだないですが、写真を趣味として続けていくうえで大きな励みになるでしょうね。
ましてや、Lレンズほど評価がされていないレンズで入選できたということは、喜びもひとしおなのではないでしょうか。まさにミノカメさんの腕の良さが証明されたってことですもんね。

imo

こんにちは。
入選おめでとうございます!
それだけ日々写真を撮り続け、腕を磨いてこられてるということなのでしょうね。
10月号ですか、ミノカメさんの作品探してみます。
ボクも今より上達するように頑張ろう!

ミノカメ

カメラカメラさんへ
とんでもないです。
腕がよいといれるレベルでは
全然ないです。
もっともっとうまく撮れるように
なりたいと日々思っております。
カメラカメラさんもフォトコンに
参加されてみてはいかがでしょうか。
ブログの写真、どれもとても素敵です。
プリントしてみると、また作品が
ぐっと引き立つと思います。

ミノカメ

imoさんへ
コメント、有難うございます。
一眼を手にされたimoさんの
カエルや地元の風景、旅先での風景のカット
などなど、これからますます楽しみに
ブログを拝見できると思っております。
入選作、是非見てやって下さい。
残念ながら日々撮るというレベルに至って
いるかどうか...。
基本的には週末しか撮れないし、仕事などの
都合で、毎週末撮れるとも限らないし。
でも、出張先など、撮れないときは、アサヒカメラの
記事や写真を、たとえ何度も読んだ記事でも、見た写真
でも、また読み返して、見返して、写真を撮った気分だけ
でも味わっております(笑)
とりあえず、写真を撮れるときに濃縮して撮り続け
たいです。

スメハッチャン

入選おめでとうございます。
何か形として自分の作品が認められると励みになりますよね。
凄いなぁと思います。

ミノカメ

スメハッチャンさんへ
アサカメさんに掲載されるLeicabit倶楽部もスゴイ
と思います。
こちらのクラブの益々のご発展をお祈りしております。
また、そちらのブログにも寄らせて頂きます。

ときめき

入選、おめでとうございます!
「アサヒカメラ」は以前、毎号購読して、写真の励みにしていたものです。
ミノカメさんの写真に対するひたむきな姿勢には脱帽です。
これからもご活躍を!!

ミノカメ

ときめきさんへ
コメント有難うございます。
ひたむきかどうかは分かりませんが
コンデジしか持っていなかったとき
一眼への憧れが強くなり、実際に
手にして以降は、ボケ味とかレンズの
種類によって表情が全然かわって
くるのが楽しくて、面白くて、
その気持ちは今も少しずつ増している
ような気がします。
毎日でも撮りたいところですが、今週も
関西、九州への出張つづきで、週末まで
撮れそうにないです。
とれる時間を大切にしながらこれからも
撮影を楽しみたいと思います。

坂本秋夫

ミノカメさん、いつもコメントをいただき、ありがとうございます。
アサヒカメラを拝見しました。
カラーならではの、素晴らしい色彩で、モノクロ写真ではとてもできないなあと思いました。
ご自分で暗室の準備もされているようで、今度はミノカメさんが現像されたモノクロ写真を、アサヒカメラで拝見するのを楽しみにしております。

ミノカメ

坂本さんへ
坂本さんにコメント頂けるとは誠に光栄です。
まだまだ銀塩一年生にもなっていない私です。
そんなに簡単に銀塩の作品でアサカメのフォトコン
に入選するとは思えないです。
今、フィルム現像と印画紙に引き延ばすための
道具を一通りそろえようと中古品を中心にあたって
います。来月あたりからフィルム現像から実地で
勉強を始められたらと思っております。

現在コメントは受け付けておりません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。