モニターとプリントの色合わせが、ようやく解決

EIZO ColorEdgeでカラーマッチング

 前回の記事でお分かりの通り、過去10年以上ほぼ毎月ずっと応募を続けてきたアサカメの月例コンテストが、突然この7月で打ち切りとなってしまった。

 今年は例年になく入選回数が多かったので、後半の入選状況如何では、もしかしたら年度賞もいけるかともと思っていたので、なんだか急にポカンと穴が開いたような気持になっていた。暫くは、フォトコンへの応募をやめて、好きに撮って好きにプリントしようと思っていたのだけど、EIZOのColorEdgeを購入してから気持ちが変わり始めた。

 EIZOのColorEdge CS2420-Zを購入してカラーマッチングをしたのだが、液晶画面で見た写真の色彩と、写真用紙にプリントした色彩が気持ちよいくらいにピタリと一致。この結果をみて、来年再びどこかのカメラ雑誌の月例コンテストに応募してみようという気持ちになってきた。

これまでの問題点

 デジタルでカラーで撮影した画像ファイルまたはカラーフィルムで撮ってスキャンした画像ファイルをAdobe PhotoshopやAdobe Photoshop Lightroomなどの画像ソフトで編集して、インクジェットプリンターで写真用紙に出力する時に、これまでに感じた問題点は;

  • iphone, ipad, パソコンそれぞれの画面で同じ写真を見た時に色合いが全然違うのでどの表示媒体を基準としてプリントすればよいのか分からない
  • 任意のパソコンで画像編集した液晶画面上の写真の色彩とインクジェットプリンターでプリントした時の色彩が大きく異なる。
  • ↑大きく異なるから、せっかく画像ソフトで編集しても、プリント後の写真の色合いが望み通りになるように何度も再調整する必要がある。
  • ↑再調整してトライ&エラーで望みの色合いになるまで何度もプリントするから高価なインクとプリント用紙が無駄になる。

 特に、普段平日は仕事でそれなりに忙しい私にとっては、週末や祝日、お盆休みや正月休みなどは撮影とプリントのためのとても貴重な時間。効率よく時間を使いたい。その貴重な時間をインクジェットプリンターの出力結果のトライ&エラーで色合い調整に費やすのは無駄以外の何物でもない。この無駄な作業が億劫なものだから、ここ数年のアサカメのフォトコンには、モノクロフィルムで撮ってバライタ紙に手焼きした作品か、カラーで撮ってモノクロに変換したモノクロの作品しか殆ど応募していなかったし、カラー作品での写真展への応募は、ソラリスさんのカラー現像ラボで手焼き現像した作品以外は出展したことがなかった。

EIZOを選んだ理由

 アサヒカメラの記事で、EIZOの写真編集用の液晶モニターを購入すれば割と手軽にインクジェットプリンターとのカラーマッチングをやりやすそうだなぁということは分かっていた。ここへきて、EIZOの液晶モニターを購入しようと思った理由は;

  • 手持ちのプリンター、Canon PIXUS Pro-1はすでに旧式のプリンターになっているが、EIZOの液晶モニターの最新機種とソフトウェア(Quick Color Match)が、依然PIXUS Pro-1に対応していた。
  • EIZOの本社、工場は白山の麓。私が産まれた場所に近くて親近感がある。
  • 多くのプロカメラマンが使っている実績ブランド。

 最近、ヨドカメの液晶モニターの売り場を通りかかった時、EIZOの最新機種のパンフレットを偶々手にして、どうせ旧機種となった手持ちのプリンターではQuik Color Matchの対象外だろうと思っていたので、依然としてPIXUS Pro-1が対応機種であることを知った時には嬉しかった。EIZOの液晶モニターでカラーマッチングを行うためには、プリンターも最新機種のものに買い替えねばいかんと思っていたからだ。

EIZO ColorEdge CS2420-Zを購入

 というわけで、EIZO ColorEdge CS2420-Zを購入した。この機種を選んだ理由は;

  • 写真編集や暗室作業で使っている部屋の机が小さいので、あまり画面サイズが大きい機種は私にとって不適。
  • キャリブレーション内蔵の機種は高価。CS2420-Zは10万円以下で購入可能。
  • 手持ちのCanon EOS6DやSONY α7IIIがAdobe RGB対応なので、CS2420-ZがAdobe RGB 99%カバーの広色域を持っていることは魅力的。
  • 16-bit LUT適用で、滑らかな階調
icon icon

ColorEdge CS2420-Zの欠点

 Type-C接続に対応していない。よって、CS2420-Zとパソコンを接続するためには、HDMI端子とUSB端子が必要。私のパソコンはHDMI端子が幸いにして付いている。HDMI端子に加えてUSB端子まで外部モニターに占領されては困るという方や、自分のパソコンはType-C端子があるのでこれを利用できる機種にしたいという方もいらっしゃる筈。その場合は;

  • ColorEdge CGシリーズを検討する。このシリーズで一番安いのはCG2420-Z。私が購入したCS2420-Zと同じ画面サイズで、キャリブレーター内蔵かつType-C接続対応。多機能になる分、CS2420-Zよりも価格はグッと上がってEIZOの標準価格で15万円以上となってくる。
  • EIZO以外のメーカーの機種からType-Cのものを選ぶ。私は他メーカーの液晶モニターがどれくらい手軽にカラーマッチング出来るのか分からないです。この点、他のサイトの情報を検索してみたりメーカー各社に問い合わせてみて下さい。

 初心者の私の場合は、CS2420-Zで十二分すぎるくらいの性能だと思った。幸い手持ちのパソコンはHDMIとUSBの端子が複数あるのでコスト優先でColorEdge CGシリーズの機種は選択しなかった。

作業環境の照明も重要

  せっかく液晶画面のキャリブレーションをキッチリやって、液晶画面とプリンターとの間のカラーマッチングもしっかりやっても、液晶画面を見ながら画像編集する際の作業現場の環境光やプリント出力した結果の色彩を確認する際の環境光がコロコロ変わってしまったのでは意味がないということを、ColorEdge CS2420-Zを購入する前に読んだ「かんたん写真プリントガイドブック」の内容から理解出来た。

 写真編集したりプリントした作品の色合いを確認するための作業空間に大きなガラス窓があって、太陽の光が入ってくる場合や、作業空間に、電球色(黄色っぽい光)と昼白色(青っぽい光)のLED電球が混在している場合は要注意。「かんたん写真プリントガイドブック」によると、5000K(ケルビン)の光に統一するのが基本のようだ。

 私の場合、昔ながらの暗室現像作業とパソコン作業を一つの部屋を兼用して行っている。暗室は遮光されているので、作業空間を5000Kの光に統一することは比較的簡単。作業中は、5000KのLEDスタンドだけ灯すようにした。 選んだのは、山田照明のZライト。EIZOの直販サイトでも、Zライトの最新機種、Z-208PRO-5000Kを購入可能。

 山田照明のサイトで確認したところ、Z-80Pro IIという機種があり、これがヨドカメで比較的安く販売されていた。この機種でも初心者が使うのには十分過ぎる性能だと判断し購入した。

MEMO
山田照明のZライトにはとても長い歴史があります。各種作業現場での使用実績にはゆるぎないものがあるようです。実際、Zライトを購入した後は、写真編集だけではなく、手紙を書いたり、5000Kという写真にとっての標準色の光の下で写真集や写真雑誌のグラビアを観ることで、今まで気が付かなった写真の魅力を発見出来たりと、楽しみ方、使い方が色々。Z-80IIの場合は、多段階で光の強さを調整することも可能なので、使用目的に合わせて調整して作業するとより効率も上がると思います。

キャリブレーション

 私が購入したColor Edge CS2420-Zの場合は、キャリブレーションセンサーが内蔵されていないので、別売りのキャリブレーションセンサーEX4をセットで購入した。

 購入直後に早速液晶画面のキャリブレーションをやってみたが、作業はいたって簡単。EIZOのサイトにある「ColorNavigator 7を使ったモニター画面と写真プリントのカラーマッチング手順」に従って作業してみました。ソフトのインストールからキャリブレーションの作業終了まで、20分も掛からなかったと思います。

EIZO QUICK COLOR MATCHがとってもお手軽

 EIZOのカラーマネジメント用液晶モニターとインクジェットプリンターとの間のカラーマッチングは、QUICK COLOR MATCHというEIZOのソフトを利用します。このソフトを使うための条件は;

  • 対応しているプリンターに限定される。基本エプソンとキャノンの機種のみ。EIZOのサイトで、自分の手持ちのプリンターが対応しているかどうか確認してみて下さい。
  • Quick Color Match を使用する画像ソフトとして、EIZOはAdobe Photoshopを推奨している。実際には、Adobe Photoshop以外にも、EPSONのプリンターの場合は、Epson Print Layout Ver.1.3.5以降、Canonのプリンターの場合は、Canon Print Studio Pro Ver.2.2.1以降がプラグインされている画像編集ソフトであれば問題ない

 私の場合、RAW現像はAdobe Photoshop Lightroom CCを、JEPGなどの画像ファイルはAdobe Photoshopを使用しているので、それぞれにCanon Print Studio Proをプラグインしている。カメラメーカーのRAW現像ソフトで編集してQuick Color Matchを利用してプリントしたいという人は、例えばCanonの場合は、Canon純正のRAW現像ソフトであるDigital Photo ProfessionalでRaw現像・画像編集して、Quick Color Match経由でCanon Print Studio Proからプリント可能。

 EPSONの場合も同様に、Epson Print Layoutが、Adobe Photoshop, Adobe Photoshop Lightroom ClassicやCanon Digital Photo Professionalにプラグインされていれば使用可能となる。

1 2