迪化街でプレゼント(Leitz Valoy IIで引伸作業)

 GW中、台湾に遊びに行ったのだが、今回は自分で引き伸ばし作業をして、バライタ紙に焼いたプリントを持っていった。廸化街にある、乾物屋さんに持って行くためだ。

 2012年の秋、迪化街でいつも訪れるお茶屋さんにいく途中、乾物屋さんの店先で飼われていた仔猫君があまりに可愛くて、お店の人にお願いして写真を撮らせてもらった。元気一杯で威勢のよいこの子を撮ってから、1年半が経過いる。覆い焼きの仕方や多諧調フィルターの号数を調整して、いくつか焼き方のバリエーションを用意して、ベストだと思ったプリントを乾物屋さんに持っていった(以下は、その内の2枚)。

 被写体だった猫君は、スッカリ大きくなっていて、乾物屋のご主人やお店の人たちに、僕が焼いたプリントをプレゼントしたいと言って写真を見せたら、仔猫だった頃の猫君に再会できたことがよほど嬉しかったのか、皆さんとっても感謝してくれた。特にご主人は、フィルムから引伸機で焼く作業をある程度ご存知のようで、デジタルと比べて遥かに手間隙掛かるプリントを持ってきてくれたことを、ともて喜んでくれた。

 写真って、本当にいいなぁって思う。僕は中国語は喋れない。言葉は通じなくても、写真一枚あれば、身振り手振りで一瞬にして仲良くなれる。迪化街には、また行くことになるので、こちらの乾物屋さんにはまた行って、お店の人や猫君に再会したいと思う。

廸化街の仔猫1

 

廸化街の仔猫2
Camera: Canon EOS-1V
Lens: Sigma 50mm F1.4 EX DG HSM
Film: Kodak T-MAX400
Developer for Film: Kodak T-MAX Developer
Enlarger: Leitz Valoy II
Lens for Enlarger: Focotar 50mm F4.5 1st ver.
Printing paper: ORIENTAL EAGLE VC FB
Variable contrast filter: FUJIFILM VG Filter N P set
with original filter holder

 

2 COMMENTS

Voyagers-x

自分で現像して自分で引き伸ばす
表現の幅が広がりそうですね
自分好みのモノクロに仕上げることが出来そうですね

ミノカメ

Voyagersさんへ
いつもコメント有難うございます。
そうですね。
引き伸ばし作業の時には多諧調フィルターの
種類、覆い焼き、焼き込みなどで色々と仕上がった
時の調子を変えられるのが楽しいです。
結局、人間が眼で見て判断するわけですし、素人
の写真なら尚更のこと、色々試して自分なりに
納得のいくものが出来ればと思っています。

現在コメントは受け付けておりません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。