Hasselblad CFV II 50C

English合衆国国旗

 ここ2,3年、私がフィルムで撮る時のメインカメラになったのが、Hasselblad 503CX。HasselbladのVシステムのうちの一機種。1988年発売だから、当然記録媒体はフィルム。503CX本体の後部に装着するフィルムマガジン(代表的なのがA12マガジン)にブローニーフィルムを装填して撮影する。ところがである、この昔ながらのフィルムカメラを一瞬にして最新のデジタルカメラに大変身させる新しいすごいシステムがHasselbladから発売された。これは検討しない手はない。正確に言うと今までもあったが、今回のデジタル化のシステムはよりコストダウンされている。

ハッセルブラッド CFV II 50C

https://twitter.com/Hasselblad_JPN/status/1148894760574377986

ハッセルブラッドのフィルムカメラ

シャッター 

フォーカルプレーンシャッター

 1940年代、ヴィクター・ハッセルブラッドがはじめて6cmx6cm判のカメラとして発売した1600F/1000Fシリーズは、フォーカルプレーン式のシャッター。

レンズシャッター

 その後、ストロボとの同調を考慮したカメラのニーズに対応するために開発されたのが、レンズシャッター機のVシリーズ。レンズ交換が可能な500シリーズと、レンズがCarl Zeiss製の銘玉ビオゴンに固定されたシュープリーム・ワイドのSWシリーズ(超広角専用モデル)がある。

 私が使って入る503CXは、500シリーズの一機種である。

フィルムサイズとフィルムマガジン

 フィルムカメラの主流は一般的には135フィルムを使うけど、ハッセルブラッドのVシステムのカメラには120フィルム(ブローニーフィルム)を装填し、6x6のフィルムサイズで撮る。

 ハッセルブラッドVシステムのカメラの最も特徴的な機能として、フィルムを収めるフィルムマガジンを、カメラ本体からワンタッチで外すことが出来ることにある。これは撮影の時非常に便利。

 ニコンFシリーズ、キャノンEOSシリーズ、LeicaMシリーズなど135フィルムを使うカメラではこうはいかない。フィルムの格納部位が、脱着式になっていないので、一旦24枚撮りまたは36枚撮りのフィルムを装填してしまうと、普通はその枚数を撮り切るまでフィルムを途中ですぐに変更することが出来ない。

 私の場合、503CXを使用する時には、大抵ISO100かISO400のモノクロのブローニーフィルムを装填して風景を撮影することが多い。でも、野原に咲く綺麗な花や春先の桜、そしてカラフルな服装の素敵な女性のポートレートを撮りたいというような場合は、カラーフィルムで撮りたい。そんな時、予めカラーフィルムを装填してある予備のフィルムマガジンがカメラバックに入っていれば、フィルムマガジンをササッと付け替えれば、すぐにモノクロからカラーの撮影に切り替えられる。いくつかの撮影の場面を想定して、私の場合は503CXのカメラ本体と合わせてA12(12枚撮り)のフィルムマガジンを3個持ち歩き、それぞれに種類の異なるフィルムを装填していることが多い。

CFV II 50C の魅力

デザイン

 CFV II 50Cは、A12フィルムマガジンの部分だけデジタルの撮像素子と記憶装置にしたイメージだ。製品の一般名としてはデジタルバックという言い方になる。デザインも従来のA12マガジンと似たイメージ。だから従来のカメラ本体である503CXやその他の500シリーズのカメラ本体に装着しても違和感がないと思われる。

 私の場合は、もしCFV II 50Cを購入することが出来たら、真っ先にカラーのブローニーフィルムの代わりに使うと思う。その理由は;

  • カラーフィルムの値上がりが激しい。
  • ブローニーのカラーフィルムの種類が限られる。
  • モノクロは、依然として引伸機を介してバライタ紙に焼きたい。

センサーサイズ

 アサヒカメラの’20年6月号で赤城耕一先生がCFV II 50Cをレポートされている。先生の解説によると、凡そ44x33ミリ。中途半端なサイズのように思えるが、そうな理由の一つは後述の価格を考慮してのことではないだろうか。135フィルムを使っていたニコンやキャノン一眼レフカメラがデジタル化された時、フルサイズ機とAPS-C機が出てきた。フルサイズ機の撮像素子(センサー)のサイズは、135フィルムの撮影1コマのサイズと同等。一方APS-Cという規格の場合、撮像素子のサイズが少し小さくなっている。

 もし、ブローニーフィルムの中判(6X6)のサイズに合わせてフルサイズの撮像素子作ってCFV II 50Cに搭載したら、価格は恐ろしく高くなって、よっぽどのお金持ちでないと買えない製品になってしまうと思う。今回のCFV II 50Cは、いわば135フィルム由来のデジタル一眼レフカメラでいうところのAPS-C機のような存在だろう。

往年の銘レンズを、現代のデジタル技術で楽しむ

 たとえフルサイズ相当の撮像素子ではなくても、往年の銘機であるハッセルブラッド500シリーズをワンタッチでデジタル化出来る意味はとても大きいと思う。現在、A12フィルムマガジンを使って撮っているわけだが、毎回バライタ紙に引き伸ばす作業が楽しくて仕方ない。とにかく、出来上がる写真が本当に美しいのだ。私が現在500シリーズ用に使って入るレンズは、

  • Carl Zeiss Planar C80mm f2.8 T*
  • Carl Zeiss Distagon C60mm f3.5 T*
  • Carl Zeiss Sonnar C150mm

 いずれも、発売当時は私のような素人のアマチュアが使えるようなものではなく、プロ御用達の高級レンズだった筈。デジタルの時代となり、価格が落ちてきたことでアマチュアの私でも使うことが出来る。私のようなフィルムカメラが好きなアマカメにとっては、ある意味よい時代になった。製造されてから20年、30年経ってはいるが、やはりそこはCarl Zeissの銘レンズたち。もう惚れ惚れする写り。

 135フィルムを使用する銘機Leica M3用のレンズとして、私は

  • Leitz Summilux 35mm
  • Leitz Summilux 50mm
  • Cosina Voigtlander NOKTON 35mm f1.2 II ASPH

 を使っている。コシナのレンズ以外は所謂昔の球面ズミルックスである。これらのレンズについては、マウントアダプターを介して、最新のミラーレスデジタル機であるSONY α7IIIに装着して、往年の銘レンズを通したデジタル画像を楽しむことが既に出来ている。

 もし、CFV II 50Cを手にしたら、これと同じことが中判用のCarl Zeissの3種のレンズについても出来るようになるのだ。どの様な写りになるのか….これはもう考えただけでワクワクしてくる。

CFV II 50C の懸念事項?

価格

 上記のセンサーサイズからしてコストが抑えれているとはいえ、やっぱりまだ高い。新品だと80万円は確実に越えているようだ。一方、前述の通りフィルムの値段がどんどん上がっている。私の場合だと、毎月撮影に使っている120フィルムの本数や現像代などを考えると、仮にCFV II 50Cの中古品を税込みで80万円で買ったと想定して、フィルム消費本数+フィルムの現像代と比較した場合、2年位で十分に元がとれると思う。

精度

 デジタルの撮像素子は撮影時に高い精度を要求する。私は、A12フィルムマガジンを1台のHasselblad 50CXに対して3個用意して、撮影に出かけると2個または3個を撮影の状況などによって結構頻繁に付け替えることがある。よって、フィルムマガジンと503CX本体の勘合部が擦り減っていたりして、CFV II 50CをA12に代えて装着したとき、正しい精度が得られるのかちょっと心配である。そう思っていたら、やはりこの点をアサヒカメラ’20年6月号の記事の中で指摘されていた。やはり、CFV II 50Cのセンサー面の位置は高い精度が要求されるようだ。実際にCFV II 50CXを購入した場合は、合わせるVシリーズのカメラ本体をハッセルブラッド・ジャパンのカスタマーサービス等に送って、精度上問題ないか点検してもらった方がよいだろう。

クリーニング

 CFV II 50Cに関して、Twitter上で赤城先生とちょっとキャッチボールさせてもらった時、クリーニングの大切さを強調されていた。Hasselblad 500シリーズまたはSWシリーズ本体のバックシャッター部やそこに貼られている反射防止用のバルパス部が汚れていると、作動時にCFV II 50Cのセンサーを汚してしまうリスクが非常に高いそうだ。

 よって、バックシャッター周辺はしっかりと清掃を怠らないようにするべきとのことであった。

プラン

 今年、出来ればEOS R5, R6 またはEOS 5D MarkVのうち、いずれか一機種を購入したいと考えている。そして来年、CFV II 50Cか、Leica M10 Monochromeのうちいずれかを買いたいと考えている。当分、悩ましい時が続きそうだ。


Let analogue V series be Digital

日本語日本国旗

For the last several years, my main gear to take film photography is Hasselblad 503CX, which belongs to Hasselblad V series family. Since it was launched in 1988, of course, the original recording medium is film. However, Hasselbald announced that they launch new “Digital back” which can be added to the traditional Hasselblad V series camera instead of the film magazine like A12 type.

Hasselblad CFV II 50C

Film camera by Hasselblad

Shutter

Focalplane shutter

In 1940’s, Dr.Victor Hasselblad launched the 1st medium format Single-lens reflex camera with 6X6 medium format as 1600F / 1000F series. It had the focalplane shutter

Lens Shutter

After that, the market started to require the strobe full speed synchronization. 1600F / 1000F series wrere difficult to adapt into the new requirement. As the new solution, Hasselblad launched V series with Lens Shutter. There are two types of V series. One is SW ( Supreme Wide) series, of which lens is fixed with the excellent Biogon by Carl Zeiss. Another one was 500 series which has optional lenses by Carl Zeiss and some other 3rd parties.

My gear is Hasselblad 503CX which belongs to 500 series.

Film size & film magazine

Hasselblad V series cameras has film magazine with 6 X 6 medium format film size, while the majority of the film camera use 135 type film.

The most unique feature of the V series is that film magazine can be separated with just one-tough operation. That’s quite useful when you go shooting.

Such one touch operation is impossible for analogue cameras of NIKON F series, Canon EOS series and Leica M seriece once you put 135 film into them since the film fixation portion is not cartridge look a like as V series of Hasselblad.

In my case, whenever I go shooting with Hasselblad 503CX, I bring three A12 film magazines, which I put the different types of film, for exapmle, ISO 100 & 400 monochrome film and some color film. According to the shooting scene and the condition, I can change the A12 film magazine as if I have three cameras with different films.

CFV II 50C fascinating points

How nice the digital back is!

The aspect of digital magazine is looking very similar into A12 film magazine. But it has digital image sensor to record the scene of your shot. This means that just today, my ( and your ) traditional Hasselblad V series camera suddenly become the latest advanced digital camera.

Design

 As if the only film part of A12 film magazine is replaced into the advanced digital image sensor. The analogue film magazine become “Digital back” to record your shot. The shape is very similar into A12 film magazine, although it is more thick. When you put the digital back on Hasserlblad 500 series or SW series cameral body to replace A12 magazine, the overall design of the camera still keep the original iconic analogue Hasselblad aspect.

How to utilize

 Anyone has different ideas. In my case, if I get CFV II 50C, as the 1st priority, I will use it of color image. Because ;.

  • Color films are becoming more and more expensive
  • The selection of brownie color film (120) is limited.
  • Still prefer traditional wet process in case of monochrome photo

Sensor size

 One of the most well-known professional senior photographer, Mr.Koichi Akagi, is reporting about CFV II 50C. The report tells us that the sensor size about 44 x 33mm. Not same as the 6 X 6 size of 120 film. He never mentioned. But one of reason must be cost issue to realize relatively lower price than previous CFV series.

In case of digital camera, like Canon EOS series originally from 135 film camera, there are “Full size model” and APS-C mode. APS-C model has relatively smaller surface area of image sensor. Same as this, the image sensor of CFV II 50C is smaller than 6X6 with similar reason as above case, I guess.

I think, if Hasselblad arrange “Full size model” of digital back with same as 6X6 size, the selling price can be not less than 1.1 million USD.

Enjoy old timer excellent lenses

 Even if it is not full-size 6 X 6 image sensor, I believe that it is extremely great opportunity that we can enjoy the shooting with the past excellent lenses, attaching digital back. In my case, I use follow lenses for Hasselblad 503CX to create the traditional printing with wet processing;

  • Carl Zeiss Planar C80mm f2.8 T*
  • Carl Zeiss Distagon C60mm f3.5 T*
  • Carl Zeiss Sonnar C150mm

 In the past ( 50’s to 80’s), it was impossible for amateur photographers to utilize such expensive lenses for professionals. But the price of old lenses are gradually going down. resulting into acceptable range for me too. But of course, it is still excellent lenses produced by Carl Zeiss. The printing is really nice. We can utilize such excellent traditional lens with digital CFV 50C II. It is one of the most fascinating points to install it into your system.

Concerning points?

Price

 Although the cost reduction must be applied with relatively smaller sensor size than 6X6, the price is still not in cheaper range. In Japan, new one has still over 800,000 JPY.

On the other hand, the price of color film and monochrome film is higher and higher. In case of my consumption rate of films, the cost for 4 years reach same level of the price of the CFV II 50C . If the aging performance and maintenance cost of CFV 50C II are different issue. But the cost aspect might be considerable driving force to buy it.

Exactness

 Digital image sensor of CFV II 50C must require dimensional exactness to record perfect view. I use A12 film magazine, totally three for one 503CX camera body. During shooting nature land, change frequently the film magazine to apply different film in shorter time. According to frequent replacement, I’m afraid that the attaching surface or some hitting portion between camera body and film magazine, some slight wearing might happen….. Shooting with film might be still OK. But in case of the new digital back, it is really no problem? In next year, I must go into serious considering stage to buy it. But in advance, I should visit the service office of Hasselblad Japan and ask and confirm with them about this concerning point.

Cleaning

 Just chatting with Mr.Akagi on Twitter about CFV II 50C. He put very high importance on the frequent cleaning. Especially he indicate if back shutter of camera body is not clean, the image sensor also can get dust or some pollution easier. It is not closed system. It might be one of the considerable negative point. Continue to watch the review by professional photographers if the cleaning issue has some difficult point for amateurs.

Plan

 In 2020, I would like to purchase one gear among Cano EOS R5, R6 or 5D Mark V. Then in 2021, would like to select Leica M10 Monochrome or Hasselblad CFV II 50C. Continue to watch reviews, visiting Leica Store Kyoto and Hasselblad Japan to ask several questions before the purchasing.