春水堂 京都木屋町店に行ってみた

春水堂が京都にやってきた

English合衆国国旗

 初めて台中にある春水堂の本店に行ったのは、今からもう10年以上前。その後、台湾に旅行に行く度、台北市内で春水堂を見つけると休憩も兼ねて、もう何度もタピオカミルクティーを楽しんできている。

 近年、日本でもタピオカミルクティーの認知度が急激に上がってきたけど、タピオカミルクティーは、春水堂が元祖。

 日本では、代官山に最初の店舗が出来て、その後都内中心に増えていった。2015年に千葉県船橋市から京都に引っ越した。その時、関西にも出来たらいいなぁと思っていたら、大阪と神戸には出来た。

 そして遂に京都にも来てくれた。今年の冬、週末に鴨川沿いを北上してウォーキングすることが習慣になっていたが、帰りに立誠小学校の跡地の前を通った時、再開発して何かつくっていることには気がついていた。それが、立誠ガーデンヒューリックというホテルや飲食店が入ったコンプレックスとなり、そこに春水堂が入るなんて、その時は全然知らなかった。これからは、自転車であるいは早朝ウォーキングの帰りに寄ったりと遠かった春水堂が身近な存在になってくれる。本当に嬉しいことだ。

 昨日、カミさんと初めてランチの時間に行ってみた。ランチメニューは二人とも同じで、鶏と枝豆の豆乳涼麺を頼んだ。

 訪れた日はとにかく暑かった。気温は37°前後。だから見た目に涼し気な鶏と枝豆の豆乳涼麺を選んだのであるが、正解だった。ただ単に冷たいから暑い夏に合うというわけではなくて、ゴマ風味のコクのあるタレと麺の食感がよかった。

 ドリンクは、私はタピオカ豆乳抹茶で、カミさんは鉄観音ラテ。タピオカの軟らかくてだけどすこし腰がある独特な噛み応えが好きである。

Shot with
Camera : SONY α7III
Lens : Leitz Summilux 50mm Pre-ASPH (2nd ver.)

 お店の前には、立誠ガーデン ヒューリック京都にあって、春水堂の前には広い芝生が広がる。木屋町の周辺は高瀬川沿いの木屋町道りから一筋裏側の道(西木屋町通り)に行くと、なんかゴチャッとしていて、小さな間口のお店がひしめきあっている感じ。そういう迷宮を探索する感じ、私は個人的に嫌いではない。しかし、昼間の時間帯に家族連れが気軽に来られる場所でもない。そんな中で、四条河原町駅の方西木屋町通りを北上していくと、立誠ガーデン ヒューリック京都についた瞬間、視界が開けて、その迷宮から抜け出た感じ。面白い。

 一方、寺町通りや河原町通りからも近いから、買い物の途中でちょっと休憩したいという時に寄るのもよさそうだ。いずれにせよ、これから私は結構頻繁に春水堂に行くと思う。

関連記事


1 2

2 COMMENTS

ぴのぴな

MINOCAMEさん、はじめまして。
自分は「京の道 今日の道」というブログを執筆している者です。
元々は京都市街地の道路を延々紹介するブログを書いていたのですが、
「コロナ禍」の現在、京都市内の商店舗の紹介記事を書いています。
実は、今回記事のお店に興味がありまして……
日本では「小食」と「カフェ」は別の店で頂くのですが、
台湾ではそういうものは混同しているのですか?
まぁ日本でもカフェでサンドイッチが出たりしますが、
通常はカフェはお茶を飲みながら休憩するところで
「飲茶」を含めて食事はそういう専門店に行きます。
(日本の飲食店は、細かく分類されすぎに思いますが……)
実際に入店してみれば「そういうもの」と納得するのでしょうが、
まだ入店していない段階でちょっと気にありまして……
この直後に連載する記事が終わったらブログ取材したいので、
その前に事前調査したく思っておりまして……

返信する
MINOCAME

 ぴのぴなさん、はじめまして。

 ブログ、拝見しました。
 ますやさんは、私も入ったことがあります。週末の早朝ウォーキングでその前を通っていくことも。
 DAVADA COFFEE&RECORDSさんも、時々行ってます。前回行った時は、大好きな山下達郎さんのSPACYのジャケットがディスプレイされていて嬉しくなりました。

「小食」と「カフェ」は別の店で頂くか....。
 うううんん。台湾にはよく行きますが、あまりその点注意してみていなかたものですから....キチンと答えられなくてすみません。

 台湾もきっと以前はそうだったのではないでしょうか。2000年前後から、横浜中華街で、初めて”本物”の台湾茶を飲み、日本茶の美味しさとはまた全然ことなるその味わいに驚き、それが切欠で、本場台湾にもよく行くようになりました。行き始めたころは、昔からの台湾茶専門の所謂茶藝館がまだ台湾全土に沢山あって、台北市内でも、市民の皆さんが気軽に仕事の帰りとか週末に友達と伝統的なスタイルで台湾茶を楽しむお店があったと思います。茶藝館の場合は、お茶請け程度のお菓子を出すお店が中心でしたが、料理を出すお店もありました。しかし茶藝館の料理は、あくまでお茶を楽しむためのもの(….とそのように私は感じました)。

 今でも台湾の茶藝館にはこのような伝統的なスタイルを保っているところが残っています。でもその数は確実に減ったと思います。
 私が台湾に行き始めたころから、台湾の市街地ではスターバックスのような欧米のスタイルがどんどん増えてきて伝統的な茶藝館スタイルが淘汰されてしまった気がしています。春水堂さんは、昔の台湾の茶藝館のスタイルとは全然違うと思いますが、10年以上前に初めて台中の春水堂さんに行った時からファンになってしまいました。
 私の勝手な勘違いかもしれないですが、台湾のカフェは、彼らが昔から持っている台湾茶の文化と欧米から入ってきたカフェスタイルの狭間で彼らなりの解釈も入れて日本とはまた違った広まり方があるような気がします。

 なんだか回答になっていない内容をズラズラと書いてしまいました。
 スンマセン。

返信する

COMMENT

CAPTCHA