京都醸造

京都の美味しいクラフトビール

English合衆国国旗

 こんなに美味しい京都産クラフトビールがあるとは知らなかった。もうすっかりファン。月に一度はグラウラーを持ってタップルームへ買いに行く。

d食堂での出会い

 最初に京都醸造のビールを飲んだのは仏光寺のd食堂だった。お昼を食べに家内と佛光寺のd食堂に久しぶりに出掛けた。よいお天気で真冬だけど比較的暖かい日だったのでビールも頼もうと思ったら「一期一会」という名前の聞きなれないビールがメニューにあるのを見つけて試してみた。

 今から20年以上前、仕事でオランダ、ベルギー、ドイツの国境が接するリンブルグ州あたりに長逗留していたことがあった。その地域の地ビールは、日本のビールと味が全然違って、最初はちょっとその独特の味に慣れなかったが、毎晩のように食事中にそのビールばかり飲んでいたら、帰国後に逆に日本のビールに物足りなさを感じるようになっていた。

 一期一会はホップの香がプンプンして、苦みも欧州流に強め。酵母も生きている感じ。酸味もちょっとある。リンブルグで飲んでいたビールを思い出し懐かしくも、こんなに美味しいビールが京都で作られているなんて全然知らなかった。

2度目は伊勢丹で

 d食堂で一期一会に出会った日、帰宅してすぐネットで京都醸造について調べた。京都駅の南の方に醸造所がある。自転車で行ける距離。でもその日はもう夕方になっていて閉店時間に間に合いそうにない。そんで京都醸造のサイトを確認したら京都駅の伊勢丹が京都醸造のビールを扱っていることが分かった。「一期一会」がとても美味しかったので他のも試してみたくて、晩飯と一緒に飲むビールを早速買い行った。

 この日は、家内の実家から日生の牡蠣が再び大量に送られてきた。天然の海の塩気がタップリだったので単純に蒸し焼きにしてちょっとバターを付けて頂いた。それと合わせて飲んだのが、「一意専心」だった。一期一会より酸味抑えて苦みがより強めで独特の旨味を感じた。

京都醸造へ

 そして、先週末自転車で自宅から京都醸造に行ってみた。タップルームからガラス越しに大きなタンクが見えた。本当にここで醸造しているビールなんだと実感。

 お店の人に案内されたKBCグラウラーを購入した。1,000mlの通い瓶だ。京都醸造のタップルームで毎回新鮮な作りたてのビールを充填してもらって家で飲む。未開封であれば1週間はそのままの鮮度を保てるそうだ。実際に試してみたが、開封後も飲んだ後にしっかり栓をすれば、二晩は美味しく頂けた。これから月に一回くらいのペースで、週末にグラウラーを自宅から持っていって京都醸造の色々なビールを試してみようと思う。ただいまキャンペーン中だそうで、グラウラーを持っていくと、1000mlで1700円のクラフトビールが1200円で楽しめる。対象となるビールは、「冬の気まぐれ」(セッションIPA)と「鞠子」(ベルジャンIPA)。3月28日まで3回この特別価格で楽しめるそう。私はあと2回いける。1回目は、「鞠子」をためした。フルーティで爽やかなビール。これからの花見の季節にも合いそう。

関連記事

ブリュッセルの街角で 欧州出張(ブリュッセル)


KYOTO BREWING CO.

日本語日本国旗

Fine Kyoto Local Beer

 This month, came across nice local beer in Kyoto. When my wife and I enjoyed lunch at d Shokudo, the unique restaurant located in Bukkoji temple’s garden, produced by D & Department. Found out the beer named “ICHIGO ICHIE” (一期一会). According to the explanation in menu list, it is produced in Kyoto Brewing Co (KBC), which is the relatively new craft beer brewery, found in 2015, located at southern side of Kyoto Station.

ICHIGO ICHIE of Kyoto Brewing Co.

 More than 20 years ago, I stayed in Limburg district at border among the Netherlands, Germany and Belgium for my job issue. Almost every dinner, I took the local beer there. Since the taste is quite different from typical Japanese beer, at first I couldn’t fit. But gradually I understood the genuine fine hop flavor and bitter & sourer taste with the alive yeast. This ICHIGO ICHIE bring me back into good memories in the past European time.

It is really pity that I didn’t know about this fine beer in Kyoto. Immediately became my favorite beer.

At my home

 I understood that I can get the beers at Isetan department store in Kyoto station. My first beer of KBC was ICHIGO ICHIE. As the 2nd trial, I selected “ICHII SENSHIN” ( 一意専心 ). Enjoyed at dinner at my home.

 I felt the relatively more bitter and less souring taste than ICHIGO ICHIE. For my both beers are nice. But If select only one, I choose ICHIGO ICHIE. Anyway, enjoyed both bears with very fresh oysters from Hinase, Okayama, sent by mother in law.

The 1st visit

 At last weekend, it was the 1st time for me to visit the workshop of Kyoto Brewing Co. At tap room, the fresh beers were served. The local people gradually visit there in spite of COVID-19 difficult time.

My 3rd trial beer was “Mariko” (鞠子), specialty seasonal beer by March 28th.

It has quite refreshing bitter taste with stronger hop flavor, I felt.

Bringing growler bottle, once a month, I would like to go Kyoto Brewing Co. to get the different variety of fresh craft beers as regular KCB customer.

Growler of KBC

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください