Hasselblad503CX Repair

ハツミカメラサービスさんに感謝

English合衆国国旗

 修理に出していた私のHasselblad503CX。新品の時はこうだったんだろうなという状態に戻して下さった。ハツミカメラサービスさんには感謝しかない。そして嬉しいことに初見さんご本人にもうすぐお会い出来ることになった。

Hasselblad503CXが帰ってきた。
Hasselblad503CX + Carlzeiss Distagon C60mm f3.5 T*

パルパス交換

 内部反射の問題あるだろうと思っていたがやはりという感じ。ハツミさんから全面貼り換えを勧められ、そうして頂いた。

モルト交換

 以前から気になっていたフォーカシングフードのモルトとミラー部のモルトも全部換えて頂いた。絞り解放付近の撮影で気になっていたピント。これで改善することを期待したい。

オーバーホール

 森谷修さんの「銘機浪漫」の表紙にあるあのハッセルブラッド内部のギミック。初見さんは正直お若くない。あの表紙に写っているギヤを一つ一つ調整して新品同様に動くように各種パーツとその他金属部品の微調整も合わせて徹底的にオーバーホールして頂いたと思うと、本当に感謝しかない。

銘機浪漫
森谷修さんの銘機浪漫

ハツミカメラサービス訪問

 修理が終わって戻ってきたHasselblad503CXを見て感動してしまった。もちろん、使い込んでいるから外装に擦り傷とかあるが、私が感動したのは本体内側とファインダー周辺。もう殆ど新品そのもの。今日の午後は早速試写へ出かけた。シャッターを切って巻き上げクランクを回した時の本体内部とA12マガジンのギヤが小気味よく動いている感じ。これが本来の感覚なんだと改めて実感。非常にスムーズでストレスがない。

 戻ってきてくれたHasselblladの状態回復ぶりに感動してしまい、駄目モトで直接お会いしたいとお伝えしたところろOKして頂いた。ハッセルブラッドから直接修理マイスターの認定を受けている初見さんにお会いできるなんてこれは本当に嬉しい。初見さんがハッセルの修理にお使いの工具は当然のことならハッセルブラッド純正。手に入らない部品は長年の経験を活かして自作されているそうだ。頭が下がる。そんな初見さんからハッセルブラッドの機構やメンテについて直接お話を聞けるまたとない機会。

 京都土産を持って、御礼させてもらった上でHasselbladのことを色々ハツミさんと話たい。実際にHasselbladを使ってみてメカニズムの点で興味深く思っていることがあるので、そのあたりも含めてハツミさんとディスカッションしたい。

ある女流写真家のハッセルブラッド500C/M

 現在仕事をしながら通っている写真学校の講義に出てきた日本のある女流写真家の作品に興味深々。資料にあったお使いのカメラはHasselblad500C/Mであるように見えた。腕の立つ修理・メンテのプロに整備してもらっていたと考える。ハツミさんのところに何か情報がないか、その写真家のハッセルを修理されていた人について知っていそうな人を教えてもらえないかお聞きしたいと思ってもいる。

 いずれにせよ、お会いするのが大変楽しみである。

またいつも通りにHasselblad503CXとLeicaM3で

 これでようやくまたいつも通りにHasselblad503CXとLeicaM3を同時に使える環境が整った。来週末以降も、今通っている写真学校での作品作りに向けて両機と共にロケハンを続ける。




Hasselblad503CX repair is now completed.

日本語日本国旗

Special thanks to Mr.Hatsumi

 My Hasselblad has the problem on palpas ( Cracking, white migration blooming, etc). Moltprene to avoid light leakage has degradation. Fortunately I could directly contact Mr.Hatsumi, who has been very well-known Hasselblad meister for the maintenance and repair for more than 40 years with official approval from Hasseblad HQ, according to the introduction from a Camera Shop in Japan.

 The senior gentleman has never used smartphone. No E-mail address. Therefore all communication was done with telephone calling and postal.

Change all Palpas portions

 Mr.Hatsumi confirmed the condition of all palpas portions. He strongly suggested to change all. Yes, I fully agreed.

Moltprene

To avoid light leakage, moltprene sealing is allocated between focusing screen and focusing food. I noticed already the severe degradation two year ago. Even if nothing, as functionality of shooting, it is no problem. But, of course, the light leakage sometime disturb the correct focusing operation.

Then, moltprene parts are also located at the adjustment points of mirror. If they are collapsed, the right focusing operation is impossible.

Therefore, all moltprene parts inside of the body wrere also fully replaced.

Overhaul

After all, he applied full overhaul operation for my Hasselblad. Because mechanical parts also need the sensitive adjustments. Even some portions were replaced new parts.

Visit at home of Mr.Hatsumi

My Hasselblad503CX after repair come back to my hands now. Aspect of this classic camera has several scratching. But I want to say, “The inside and the structural parts are almost like Brand New.”

Hasselblad repair is completed. Looks like almost "Brand New".
Hasselblad 503CX returned to my hand

 I highly appreciate all operations by Mr.Hatsumi. To say special thanks to him, I asked him if he mind my visit to his home. Fortunately he accepted. In next week, I can directly meet this famous senior meister. This will be quite wonderful moment. I would like to enjoy Hasselblad talking with him.

Hasselblad 500C/M of a female Photo Artist

 I’m 55 years old. I really love Photo and Camera. So in this summer, I joined Photo Artist Course of a Photo Visual School, while I continue my job. Among the lectures, I was impressed by the photo of a female Photo Artist, which was taken with Hasselblad 500C/M, in 1980’s and 1990’s. To take the unique photos, she might applied some special fine tuning of the camera. Since Mr.Hatsumi has been implementing the long lasting work on Hasselblad, he might know about the camera. When I visit at his home in next week, I would like to ask if he know something about it.

Restart my usual photo shooting

Anyway, now both Hasselblad 503CX and Leica M3 are on my hand. I start to enjoy the photo shooting again as usual. Then continue the location scouting for my work as the subject in Photo School in Hokuriku Area in Japan.

 


Comment