Nikon FTZマウントアダプター

Z7IIでFマウントレンズを使用するために

 Nikon Z6, Z6II, Z7, Z7II のようにZマウントのカメラにFマウントのレンズを使用するためには、FTZマウントアダプターが必要。使用開始出来るまでにはいつくかステップがある。

カメラのファームウェアを最新バージョンに

  まず、カメラのファームウェアを最新バージョンにする必要あり。ニコンのウェッブサイトのダウンロードセンターから自分のカメラのファームウェアのページに行って、そこにあるダウンロードのガイドラインに沿って確認して、今自分が使っているカメラのファームウェアが最新バージョンでない場合は、最新バージョンをカメラにダウンロードしましょう。

 私の場合は、購入したZ7IIのファームウェアのバージョンが1.00だったので、1.01にバージョンアップしました。

注意
Nikonのダウンロードのガイドラインによると、カメラをバージョンアップする時は、カメラにマウントアダプター FTZ を装着しないで行う必要があるそうです。

 FTZアダプターのファームウェア

 私の場合、FTZマウントアダプターは中古で購入。おそらくZ7IIが発売される前に製造されたもの。案の定、Z7IIにFTZ経由でAF-S 24-70mm f/2.8E VR EDを装着してみたところ、「マウントアダプター FTZ のファームウェアをバージョンアップしてください」という表示がカメラの液晶画面に出た。

 そこで、ニコンのダウンロードセンターにあるFTZのファームウェアのページで確認したところ、FTZアダプターのファームウェアのアップデータの前に、前述の通りまずはカメラ本体のファームウェアを最新バージョンにアップデートしなくてはならないとのことであった。

 カメラ本体のファームウェアのバージョンアップが終了したら、続けてニコンのダウンロードセンターのFTZのページにあるガイドラインに従って、FTZアダプターのファームウェアバージョンアップを行う。

 ニコンのダウンロードサイトからダウンロードしたF-FTZ-V0110W.exe ファイルから生成されたMAFTZ0110bin ファイルをパソコンからカメラ用のSDカードのデスクトップに保存。(おそらく、バージョンが新しくなるたびにファイル名中の0110という数字は変わっていくと思われます。)

 SDカード内の適当なホルダーに保存してしまうとカメラが、アップデート用のMAFTZ0110binファイルを認識しないので、必ずSDカードのデスクトップに保存。

 保存後、SDカードをカメラの装填して、以下の画面と通りセットアップメニューからファームウェアバージョンを選択して画面の順序でバージョンアップを行い。バージョンアップ後に、SDカードデスクトップにあるバージョンアップ用のファイルを削除して作業は終了です。

セットアップメニュー / ファームアップバージョン
セットアップメニューでファームウェアバージョンを選択
バージョンアップを選択
バージョンアップを選択
バージョンアップ中 / ちょっと時間が掛る
バージョンアップ中の表示
バージョンアップ終了
バージョンアップ終了の表示
SDカードに残っているバージョンアップファイルを削除するメニュー
バージョンアップ終了後は、SDカードに入れたバージョンアップファイルを削除するメニューへ
バージョンアップファイルの削除
マウントアダプターを選択してクリックすると削除終了

 これでいよいよ、FマウントのレンズがZ7IIで使用出来るようになった。

関連記事

Nikonのカメラ、レンズ、アクセサリー Nikon Z7II and F mount zoom lenses 人生最初のNIKON機材

Comment