Darkroom Main

 明日から始まるオオサカフィルムフォトウォーク。昨日の〆切午後6時直前に、今回僕の作品を展示してもらうBeats Galleryさんへの搬入を終了した。


 正直、今回は参加中止にせざるをえないという場面があった。いつも、バライタ紙のフラットニングは、自宅のズボンプレッサーでやってだいたいフラットになって、あとは中性紙の画用紙とトレーシングペーパーの間に入れて錘で圧力かけてプレスして放置しておくと、非常にフラットになるのであるが、天気が悪くて湿気が多いせいだったのか、なんかイマイチ納得がいかない仕上がり。

 そこで、急遽ドライマウントプレスを貸してくれるところを探すことにした。「ドライマウントプレス 京都 大阪 神戸」でGoogle検索すると、トップに darkroom – gallerymain.com が出てきた。Gallery Mainは、KG+の会場でもあるので知っていたが、ドライマウントプレスがあるとは……。

 早速連絡して予約。1時間1,000円で貸してくれる。さすがに作業性が全然違う。あっという間に仕上がって、自宅に戻ってから一応保険で、額装するまで錘をのっけてダメ押しのフラットニングをしておいた。

 Darkroom mainは、暗室設備も非常に充実していた。アーカイバルウォッシャーもあった。バライタ紙でも焼ける。家からも近いので(自転車で10分程度)、自宅の週末暗室のセッティングが間に合いそうにないときとか、今回のようにフラットニングを急いでやりたい時とかに、再び予約して利用させてもらおうと思います。

バライタ紙でプリント

関連記事

お風呂でバイタ紙の水分調整 フラットニング前の準備 印画紙(バライタ紙)のフラットニングの問題、やっと解決。 印画紙(バライタ紙)のフラットニングの問題、やっと解決。(2) ズボンプレッサーによるフラットニング(0) Solarisさん、ありがとう