京都: 青蓮院のライトアップ

青蓮院は、私にとっては思い出の場所。大学受験に失敗してオヤジと大ゲンカ。家を飛び出して、新幹線に飛乗り、なぜか向かった先は京都。1週間以上、京都の町を迷っていました。京都駅前から金閣寺のあたりまで徒歩で行ったりしてました。体力だけはありました。若かったなぁ。
ここ青蓮院の庭は本当に素晴らしく、プチ家出をした時には、朝の拝観開始の時間から夕暮れまで、一日中何も考えずに過ごしたことがあります。
一週間以上の間、お金はどうしたのかと思われるでしょう。家を出る時、母がコソッとお金が入った封筒を渡してくれたのです。完全に親の脛かじりだったわけです。全然人間が出来ていなかった当時の自分を振り返ると、本当に恥ずかしいです。完全にアマチャンでした。
とういうわけで、京都そのものに私は特別な思いがあるのですが、その中でも特に青蓮院は好きな場所。この思い出の地で、すごく綺麗なライトアップを切り取ることが出来たのはうれしい限りです。

青蓮院のライトアップ
Camera: Canon EOS 40D
Lens: EF-S17-85mm f/4-5.6 IS USM
17mm, f/9.0, 30sec, ISO 200
With
Velbon Neo Carmage 643Q & Velbon QHD-62Q

30秒の長時間露光で撮影。この写真を見ると、大きな木を照らし出している白色の明かりと庭の青色LEDが同時に輝いているように見えますが、実際には違います。白色の明かりがジワ~ッとフェードインしてきて、ある一定の時間経過して、またジワ~ッとフェードアウトしていくのと同時に、今度は地面の青色LEDがフェードインして、また後からゆっくり白色の明かりと入れ替わっていきます。
したがって、白色の明かりと青色LEDの明かりをバランスよく取り入れるのに、最初はなかなかうまくいきませんでした。白色の明かりを入れすぎて白トビしてしまったり、逆に取り入れる量が少なすぎて、ほとんど青色LEDの光だけになってしまったり...なんとか最後は、この写真のレベルにたどり着きました。
この写真を撮った後、面白いと思ったのは、写っているご婦人お二人です。この写真を撮った時、カメラの前を10人以上の人が通り過ぎて行きました。30秒の長時間露光であったので、動きの速い人物は写らないわけですが、このお二人は、ほとんど身動ぎもせずそれだけライトアップの美しさに見惚れておられたわけです。
ライトアップに魅せられたお二人だけを撮り込む.....。こういう表現は、動画ではできないと思います。写真ならではの面白さだと思います。
ちょっと残念なのは、ブログの画面の大きさに限界があるので、青色LEDの光が小さくなってしまうこと。もっと引き伸ばしてみるとかなりきれいです。
残念ながら、ブログ掲載用にメモリーサイズを落としているので、このブログの写真を引き伸ばしても綺麗には見えません。

 

10 COMMENTS

masashi

自分は初心者なんで専門的な事はわかりませんが、
一目でいい写真だと思いました!
ご婦人がいいアクセントになってますね!
自分はどうしても大雑把な写真になってしまいます…^^;

返信する
ねこ♪

綺麗ですね~。
長時間露光なのに人が????と思いましたら、そういうことでしたかw
納得です。
実物を見て楽しむ、動画でのこして楽しむ、写真ならではの表現で楽しむ、それぞれに面白みが違っていて、いいですよね。

返信する
 Humチチ

先日はご訪問コメント頂き有難うございました。
ミノカメさん本格派ですね~。
僕は我流で知識もないのでこういうお写真を
拝見すると見惚れてしまします。
1枚1枚の写真をとても大切に気持ちを込めて
撮ってらっしゃるのがすごく良く伝わってきました^^
ミノカメさんのように本格派の方とお付き合いさせて
もらったら色々教えて頂けそうでちょっと楽しみです。
また覗かせて頂きますね♪
応援させていただきますね~ぽちっと!

返信する
ミノカメ

masashiさんへ
私もまだまだ初心者です。EOS40Dで撮っていると
「エッなんでこんなふうに写ったんだろう??」
と疑問に思うことがまだまだ沢山あります。それをカメラ雑誌や丸善にあるゴッツイカメラの解説本などを読んで少しでも理解したいと思っているところです。
ブログに掲載していない写真は、まだまだピンボケだったり構図が納得いかない写真がドッサリです。

返信する
ミノカメ

ねこ♪さんへ
このご婦人お二人の写り方に関して、もうっちょと解説します。このお二人はライトアップの明かりとカメラの間に入っているので、逆行ですから普通ならお二人の姿は真っ黒に写って完全にシルエットになる筈です。ストロボをシンクロさせれば、このような画像になる可能性が高いですが、EOSの内蔵ストロボでは、離れた位置に立つお二人を、これだけ明るく照らしだすことは出来ないです。幸運だったのは、三脚をたてた後方に、かなり強い光のサーチライトがあったことです。このサーチライトは、お寺の門を照らし出すもので、庭の方向に向いてはいませんでした。しかし、光がとても強いので、庭の方向にも少し光が漏れていたようです。肉眼でみると、その光はこのお二人をここまで明るく照らし出すものではなかったのですが、長時間露光によって、漏れた光が暗く照らしていたお二人を、ここまで明るく撮像素子に記録してくれたようです。

返信する
ミノカメ

Humチチさんへ
お褒めに与り光栄です。しかし、私はまだまだ初心者です。デジイチを使い始めたのは、今年の3月からです。まだまだ分からないことだらけです。カメラ雑誌やEOSの解説本をなんども読み返してお勉強しております。カメラにドンドンのめり込んでいっている私にとって、こういうお勉強はとても楽しいです。

返信する
akimoto

この枝ぶりにまず目が行きました・・怖いくらいに美しい立ち姿ですね。
説明文を拝見してなるほど、頷いてばかりです。
写真って物語がありますよね~
僕の観察眼ではそこまで気が付きませんでした><
リンク勝手に貰っていっていいでしょうか?^^

返信する
ミノカメ

akimitoさんへ
 写真を通して色々とコミュニケーションさせて頂ける方は大歓迎です。こちらからもリンク是非お願いします。

返信する
imo31-yu

>ミノカメさん
ミノカメさん、こんばんは。
うわぁ、すごくキレイに撮れてますねぇ。
ボクはまだあまり夜景の撮影には挑戦したことが無いので、
いざ夜景を撮ろうとしても上手く撮れないです。
ボクもこんな写真が撮りたい!
もっともっと夜景を撮るようにしないといけないですね。

返信する
ミノカメ

imo31-yu さんへ
私も、まだコンデジしか持っていなかった頃、どうやったらほとんどの光がない場所であんなに明るい夜景を撮れるのかと不思議に思っておりました。試行錯誤しながら、数年掛ってここまで撮れるようになってきました。今回は30秒でしたが、シャッタースピードをもっと遅くして絞り込んだらもっと異なる風合いになるのではないかと想像してしまいます。

返信する

Comment

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。