Okaffe Kyoto

Okaffe Kyoto(綾小路通り)

English合衆国国旗

 オッサンのくせに、甘いものが好きな私。特に、プリン、シュークリーム、バームクーヘンが最大甘味好物。

 プリン本に紹介されているお店。とりあえず、京都にあるお店から行ってみることにした。

 記念すべき一軒目は、Okaffe Kyoto。大阪の勤務先の女性陣にプリン本を見せたら、こちらがお勧めのカフェのうちの一軒であったことと、週末気軽にカミさんとランチの後にいける場所であったことからまずこちらに行ってみることにした。

 行った日は、とにかく暑かった。40°いくんではないかという時間帯に家を出てランチの後、Okaffe Kyotoへ。

 最初、お店がどこにあるのかよく分からなかった。表の通りから細い路地を抜けていく。なんかちょっと異空間にワープするような感じ。

Okaffe Kyotoの入り口にある看板

 こちらは、有名なバリスタである岡田章宏さんのお店だそうで....。お店に入って、なぜ会社の女性陣が推薦したか理由が分かった。コーヒーの味への期待だけではない。岡田さんは、イケメンだ……以上(笑)。

 気温が低ければ、岡田さんに淹れてもらった熱々のコーヒーを楽しみたいところであったが、何せお伺いした日は暑すぎた!

 たまらず、お店に入ってすぐにアイスコーヒーとプリンを頼んだ。

Okaffe Kyotoのプリンの感想

甘さ
(1.5)

柔らかさ
(1.5)

卵感
(3.5)

美しさ
(4.5)

カラメルのホロ苦さ
(5.0)

ボリューム
(4.0)

お店の雰囲気
(5.0)

まとめ
(4.5)

 

 あくまで、MINOCAME個人の感想です。

 食べてみてビックリ。かなりプリンの常識を覆すプリンと言えるかも。プリン本の解説で、このプリンは男性ファンが多いとあったが、納得である。プリンの食感は、プリンとしてはかなり硬め。プリンの生地にスプーンを入れるとちょっと抵抗を感じる。今まで食べたことがあるプリントどのプリンとも異なる感覚。カラメルに相当浸している(?)のかプリンの内側の色も濃い。しかし、これが美味いのだ。卵のコクを感じつつサッパリ。これは暖かい珈琲と一緒にどんな感じか、味わいたい。次回はもう少し、気温が下がってからお邪魔したいと思います。

 見た感じも綺麗。特に、カラメルの色の濃さとサクランボ、白い色のクリームとのコントラストがよいと思う。

Bitter taste cream caramel of Okaffe Kyoto
Shot with SONY α7III + Summilux 50mm PreASPH

 お店の人会話を楽しめそうなカウンターの席と、ゆっくりくつろげるソファー席、そして友達やカップルできてゆっくり話しながらコーヒーを楽しめそうなテーブル席。全体的に落ち着いた雰囲気で外には安らぎを感じるお庭。家に近ければ夕食の後にフラッと寄るのにもよさそうな感じでした。

 さて、次回はどのお店のプリンを楽しもうかな?

関連記事

プリン本 素晴らしき関西のプリン文化

Okaffe Kyoto

日本語日本国旗

As I reported in ’20 Aug 20th, the nice book, Pudding-Bon which describe cafe and restaurant in Kansai region (Osaka, Kyoto, Kobe) in Japan, I found out. Here is the 1st visit report on one of cafe in this book.

The 1st one is Okaffe Kyoto. The Cafe is owned by the quite well-known
Barista, Mr. Akihiro Okada. I showed office ladies of my working company Pudding-Bon. Then they suggested to go this Okaffe Kyoto as one of the best cafe to enjoy the nice quality pudding. The quality of coffee and pudding must be very good. But I notice another reason why they suggested. …. Mr.Okada is quite handsome. My wife ( might be ) also impressed.

Anyway here is my imprssion on the pudding of Okaffe Kyoto.

Impression on Okaffe Kyoto's pudding

Sweetness
(1.5)

Softness
(1.5)

Egg sense
(3.5)

Aspect quality
(4.5)

Bittersweet of
caramel
(5.0)

Volume
(4.0)

Ambiance
(5.0)

Summary
(4.5)

My conclusion is that the pudding is quite unusual. As pudding, the texture is quite harder. The caramel is quite and quite bitter. Then not so much sweet. However curiously as summary of taste, this pudding is very very delicious for me. According to the guideline in Pudding-Bon, a lot of gentlemen prefer the pudding of Okaffe. It might have acquired taste. Then I feel that this pudding might show the best much with my favorite Espresso.

Bitter taste cream caramel of Okaffe Kyoto
Shot with SONY α7III + Summilux 50mm PreASPH

But… when I visited at Okaffe Kyoto, it was too hot, almost reaching 40deg.C. Therefore I selected Ice Coffee as partner of the nice acquired taste pudding.

The location of Okaffe Kyoto is a little bit unique. I couldn’t find out Okaffe Kyoto immedicately even I watch Google map with the address. On the main street, I found out the small sign of the cafe. Then as if I go into the different dimensional world, pass through the quite narrow road as tunnel to reach there.

I would like to visit again Okaffe Kyoto again in Autumn or Winter season to enjoy the nicely fined tuned coffee by Okada-san with the delicious & acquired pudding.


Comment